4月12日(金)よりFC KRILOサッカースクールが始ります!!

 

詳細につきましては添付案内資料を確認してください。

スクール2019.pdf

 

入会申込書を記入の上、FAXにて申込みをお願い致します。

FC KRILOサッカースクール入会申込書2019.pdf

FC KRILOサッカースクール入会申込書 2019.docx

 

甘えん坊。

こんにちは。監督です。

志しは高く、愛情は深く、友情は等しく!でおなじみの監督です。

みなさん、ご一緒に、





やかましっ!!!





さて、そんな僕ですが、先日、自分の子どもである双子の習い事に行ってきました。

自分の子に何かさせたいな。とは思ってましたが、僕に似て甘えん坊なので、全く習い事には興味がありませんでした。

ん?

甘えん坊?

お前いくつ?

35歳だろ?

そのクセに甘えん坊?





はい、甘えん坊です!




甘いもの好きな、甘えん坊です。




1番好きな甘いものは、




ホットケーキです。





やかましっっっ!!!!!





話を戻します。

んで、初めての習い事はというと、

トランポリン教室です。

クリロOBのお母さんが渋川で、教室を開いていて、体験させていただきました。




緊張した面持ちで行きましたが、教室が始まると、笑顔いっぱいで楽しい時間を過ごせました。

僕はというと、指導に興味津々シャンシャン。


ん?

シャンシャンはパンダ。

上野動物園のパンダ。

パンダ焼きも食べたい。





やかましっっっ!!!




気をつけてはいるのですが、ついつい職業柄、指導の言葉がけや、安全性、雰囲気などに興味がいってしまいます。

申し訳ありません。




とても楽しくトランポリンを教えていただき、素晴らしい時間を過ごさせていただき、娘は帰りたくないと泣いてしまいました。

僕も、泣いてしまいました。



ん?

泣いた?

お前いくつ?

35歳だろ?

少しシャクレてるだろ?




おい、やめろ!

シャクレは関係ない!




さて、そんな僕ですが、クリロでの活動を終わった後には必ず、スイッチを切り替える作業を行っています。

うまくいっているときは、誰でも気持ちよく次の活動に臨めるものです。

大事なのは、勝っても負けても試合の後にどんな行動を取るかです。

切り替えという言葉がありますが、反省のない切り替えには意味がありません。

しっかりと反省したうえで、その試合における、成果と課題を振り返って次に向かう。それが僕の考え方です。

「逆境に立たされたときにどう振る舞うか」

これはサッカーに限らず、一般的にもよく言われることです。逆境にこそ人間の本性が表れる。

僕自身も、生きてきた中で色々と失敗をしてきました。

しかし、サッカーに関して言えば、逆境で追いつめられて大きな失敗をしてしまった、ということはあまり思い当たりません。

家族や近い人にそういう行動を見せてしまったことはあるかもしれません。

でも基本的にはそういった状況を客観的に観られるタイプの人間だと思っています。

だから、僕は逆境が嫌いではありません。自分や周囲が苦しい状況に置かれたときでも、普段の自分を出せるか。

そこで踏ん張りが利く自分でいられるか。

それはサッカーの指導者としてというより、ひとりの人間として生きていくうえでのテーマとしてもっているものです。

難しい状況の時に、ここでバタバタしてしまうのがお前なのか、それとも今までやってきたことをやり続けられるのがお前なのか、

ピンチのときほど冷静に、前向きに、力強く進んでそれを打開できるメンタルと行動力を持て!

そうやって、試練を乗り越えられるのが自分なのだ。そう自分に言い聞かせながら、苦しい状況を乗り越えてきました。




あれ?少し監督、興奮気味じゃない?

そう思ったら、




甘いものをください。




やかましっっっ!!!




今週も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

パプリカ。

パプリカ 花が咲いたら

晴れた空に種を蒔こう

ハレルヤ 夢を描いたなら

心遊ばせあなたにとどけ

こんにちは。監督です。

最近、この歌が、耳から頭から全身から、離れない監督です。

いまカラオケに行ったら、この歌を2万回ぐらい歌う監督です。

さて、そんな僕ですが、先日、三十槌の氷柱を見ました。


え?


インスタ映え狙って?


おつかれちゃゃゃあん!


それは、インスタントジョンソン!!!


秩父にある、三峯神社に行くのに、三十槌の氷柱にも寄りました。

迫力ある氷柱に圧倒されました。


え?


感想それだけ?


おつかれちゃゃゃあん!


インスタントジョンソン!!!


正確には、


インスタントジョンソンの、ゆうぞうのギャグ!!!


多分、お笑い好きなお父さんぐらいにしか、ウケてない。


さてさて、今年ももう2月になりました。

明日はバレンタインデーです。

僕はもうすでに、1個もらいました。(自慢)


3月になれば、リーグ戦が開幕になります。

もう高校生は、新人戦があって、クリロOBからも様々な連絡をもらいました。

メンバーに選ばれましたとか、決勝まで行ったんですけど負けちゃいましたとか、

これからまた頑張りますとか、連絡くれて嬉しい限りです。


サッカーは不思議なスポーツで、いい流れでプレーできているときは、自然と選手たちのアイデアは一致していくものです。

しかし、流れが悪くなったり、逆境に立たされたりしたときに、それぞれが挽回しようと必死に頑張っていても、
実は全体でみるとバラバラになってしまっている、ということが起こります。

結局、それでは能力は発揮できないし、相手に隙を与えることになってしまいます。

では、そういうときにどうするか。

もう1度いい形でプレーできるように、「基本に立ち返る」

そのためのスタートラインを、準備しときたいです。

自分たちに流れがきている時間帯、相手に流れがいっている時間帯、
どちらにも流れがこない膠着した時間帯やボールが落ち着かない時間帯など存在します。

特に、相手に流れがある時間帯を耐え抜いて、もう1度流れを引き寄せるために、「立ち返る場所」を作ってあげたい。

そう思います。


土曜日、日曜日の試合など、うまくいかなかったな。

というときに、平日の練習が大事になります。

特別なことはしません。

普段と同じトレーニングを淡々とこなす。

しっかりイメージした中で、普段通り、淡々とこなす。

良い時もあれば、悪い時もある。

今日のトレーニングも、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

身体作り。

こんにちは。監督です。

新年のご挨拶が遅くなりました。

今年も宜しくお願い致します。

さて、年末から年始にかけて、3年生は猛烈に勉強したと思います。

現在も継続して勉強していると思います。

勉強するということは大切なことですが、感性を磨くことも大切です。

息抜きにサッカーしましょう。

私立、第一希望で受かった人、おめでとうございます。

高校生になる実感は、まだ湧かないと思います。

今自分が感じているサッカーよりも、広く感性をもてるよう、楽しくサッカーしましょう。


ん?


あれ?


2019年、ブログの書き方変わった?


僕も今年で36歳になります。

そろそろ真面目になります。

話を戻します。


戻すんかい!!


最近、感じていることは、中学サッカーの枠内(または高校サッカー)だけで物事を考えるな!

これです。

今年は、これです。


ん?


難しいよ。


よくわからないよ。


さて、話は変わります。


変わるんかい!!


クリスマスから年末年始にかけて、たくさん試合をしました。

ものすごくエキサイティングな試合ができたときもあれば、難しい試合になったこともありました。

感情的に良くないなという日もあれば、戦術的に良い局面もありました。

その中で、1つ感じたことがありました。


相手の力を利用することはできないのかな?ということです。


具体的に言えば、


身体の操作性です。


もう少し簡単に言えば、フィジカルです。

日本では、身体のサイズが大きいということを、フィジカルが強いというように表現します。

しかし、フィジカルとは強さだけを表す言葉ではなく、しなやかさやスピードも含まれるものです。

日本のフィジカルとテクニカルを対極に置く考え方や、身体が大きい選手を単純に、フィジカルが強いと表現する風土は、改めるべきだと思います。

では、フィジカルコンタクトとは、どのようなものなのでしょうか?

サッカーの場合、コンタクトの目的は、ボールをいかに保持し、プレーエリアを確保するかです。

本来、ボールコンタクトでイーブンな状況はありません。

必ず良いポジションと悪いポジションがあります。

相手のプレーエリアを奪うために自分から強くコンタクトするのか、あるいは自分が優位なポジションならば相手のコンタクトをどう利用するのか。そこをうまく感じて、相手の力をもらってプレーするのです。

自分が良いポジションにいるのであれば、相手が強く当たってくるのですから、そのエネルギーをうまくもらえれば局面を打開できます。

高校サッカーでも激しく身体をぶつけ合うのですが、それを激しさととらえてしまうと、サッカーの本質からずれてしまう。

そういうときに上半身が巧みに使えれば、それだけでうまく自分の行きたい方向に向かえます。

そこもほんの少し、人を感じる感覚、自分のプレーエリア確保のためにコンタクトするという考えがあれば、だいぶ違ってくるでしょう。

クリロの子たちを見ていると、身体の入れ方など、まだまだ洗練されていないと感じます。

ボールコントロールをミスした後に、いかに自分のプレーエリアを確保するかと工夫が必要です。

瞬間的なコンタクトスキルが向上することで、プレー強度は高くなると思います。


さて、そろそろ文章を読んでいて、疲れてきたと思います。

ここらへんでやめておきます。

週末も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。
2019年 あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話様になりました。

本年もご指導・ご協力賜りますようお願い申し上げます。

2018.12.30(日)にJ-Wingsにて行われた恒例のKRILO蹴り納めの様子をアップいたしました。

暮れの忙しい中、自由参加で多くの子供たちが参加してくれました。

毎年、同窓会みたいに、子供たちも親御様も楽しみにしているようです。



今年も雪が5センチほど積り、スタッフと子供たちによるピッチの雪かきからスタートです。
J-Wingsならではの光景です。冬に雪が降るのが当たり前です。みんな驚きません。

K001 (640x480).jpg

約2時間ほどで雪かき終了です。

午前11時に1期生(大学3年生)から9期生(中学1年生)に全員集合して監督の挨拶から始まりました。
K002 (640x480).jpg

いよいよ11時15分から、同期同士でチームを作り、1-9期生総当りで少年コートでゲーム開始です。
K003 (640x480).jpg
K004 (640x480).jpg

横殴りの雪をものともせず、楽しんでプレーをしていました。

K005 (640x480).jpg


毎年、恒例で中学3年生の保護者様が暖かい『豚汁』を200人分用意してくれました。
朝から準備して頂き感謝・感謝です。

来年は、現2年生の保護者にお願いいたします。あつかましいお願いで申し訳ありません。

毎年人数が増えていくので量を作るのが大変です。野菜などの食材も皆さんで持ち寄ってくれました。

ありがとうございました。

K006 (640x480).jpg

雪の中、体の芯から温まります。

K008 (640x480).jpg

K007 (640x480).jpg

J-Wingsに来られた保護者の分まで沢山用意頂きありがとうございました。

蹴り納めは15時半くらいまで続き、最後に全員で集合写真を撮りました。

0期生 (640x480).jpg

その後1期生から順に各年代ごとに集合写真を撮りました。
去年、人数が少なかった学年は、みんなに呼びかけ昨年より多く集めたみたいです。

各学年毎に参加人数を密かに競争している感じです(笑)

まずは1期生からです。全員で15名しか、いないのに毎年かなりの出席率です。
この春には大学4年生になります。もうすでに、みんな大人です。

鹿島アントラーズからザスパクサツ群馬に移籍した田中君頑張ってください。
1期生(大3) (640x480).jpg

次は2期生です。唯一関東大会出場した年代です。ちょっと集まりが悪いぞ。来年期待してます。
2期生(大2) (640x480).jpg
そして3期生、今年から大学2年生になります。来年はもっと参加呼びかけてね。
3期生(大1) (640x480).jpg
次は4期生です。この3月には高校を卒業します。サッカー続けて下さい。進路が決まっているのか、今回はかなりの出席率です。
4期生(高3) (640x480).jpg

今度は5期生です。今年は高校最後の年です。期待しています。
5期生(高2) (640x480).jpg
6期生です。今年は高校2年目、レギュラーを掴んでください。
6期生(高1) (640x480).jpg

次から現役団員です。
まずは3年生 受験頑張ってください。何人か勉強のため参加していません。卒団式は3月9日ですよ。
7期生(3年) (640x480).jpg
次は2年生 ウルトラリーグが始まります。頼むよ。裸で気合が入っているね。風邪引くなよ。
8期生(2年) (640x480).jpg
ラストは1年生です。今年の3月で1年経ちますが先輩と比べると、まだまだ幼いね。
大会パンフレット用の写真も兼ねて、この寒い中ユニフォーム姿です。ご苦労様。
プロの田中君と試合してどうでしたか?
9期生(1年) (640x480).jpg

また来年、元気で12月30日に会いましょう。
寒い中、参加してくれてありがとうございました。


能動的な人になる。

こんにちは。監督です。

 

先日、人間ドックに行った監督です。

 

初めてバリウム検査というのをした監督です。

 

 

超絶怖い!

 

 

無理無理無理!

 

 

頑張ったらご褒美あるよ?

 

 

無理無理無理!

 

 

検査員が柴崎コウ似かもよ?

 

 

行く行く行く!

 

 

うん、病。

 

 

さて、そんな感じで人間ドックに行ってきたので、当然、天罰が下ります。

 

バリウム検査後、身体に溜まったバリウムを出すため、下剤を飲みます。

 

お腹の調子が、日本で2番目ぐらいに良い男なので、今まで下剤とは無縁でした。

 

はじめての、下剤です。

 

 

うん、2万回トイレ行った。

 

 

お腹痛すぎて、ベストヒットアーティスト見逃した。

 

 

でも、大好きなKiroroの「未来へ」は頑張って聞いた。

 

 

ほら、前を見てごらん、あれがあなたの未来。

 

 

やかましっ!!!

 

 

さて、そんな感じですが、1年生がリーグ戦を、9勝1分でグループリーグ1位になりました。

 

このレギュレーションに変更されてからは、初めての成績です。

 

他のグループ1位(前橋FCとルーヴェン高崎)と決勝リーグを12月に行い、優勝すれば来年度は関東リーグに昇格です。

 

それに加え、今回の結果により、来年1月に行われる群馬県協会長杯に進出することが出来ます。

 

公式戦の回数が増えることが何よりも貴重だと感じています。

 

決勝リーグ2試合、勝利を目指しますが、どのように勝利を目指していくか、とても大事になります。

 

話は変わりまして、あなたはどちらのタイプの人間ですか?

 

1つは、「差し手型」の人間。

チェスや将棋を指す人のように、自分でこれからの手を考えるタイプです。

 

2つ目は、「駒型」の人間。

チェスや将棋の駒のように、統率者の指示通りに忠実に動くタイプです。

 

あなたはどちらですか?

 

 

どちらも必要な要素かもしれませんね。

 

経験が浅く、右も左もわからないうちは、会社や上司から言われた通りに動く「駒」でないと、戦力になれないこともあります。

 

しかし、ある程度経験を積んだら、「差し手型」へと舵を切るべきです。

 

「差し手型」メンバーと、「駒型」メンバーの最大の違いは、そのモチベーションの高さにあります。

 

「差し手型」メンバーは、自発的に仕事に取り組むので、意欲も十分。

 

「駒型」メンバーは、仕事をやらされているので、いまひとつ意欲が高まりません。

 

そうしたモチベーションの差が、仕事の成果にも現れ、本人の成長スピードに差をつけていくのです。

 

チームのなかでは、個々人は与えられた役割をまっとうするのが原則です。

 

ただしそれは、否応なしに押し付けられた役割を担う、ということではありません。

 

各々が自分のやるべきことを考え、チームのなかでその役割をアピールし、認め合う。

 

そのなかで「自らつかみ取った役割」をまっとうしてこそチームは力を発揮します。

 

ただ従順にチームに埋没することは、自分にとってもチームにとっても決してプラスにはなりません。

 

少し難しい文章になってしまいました。

 

でも、未来は自分次第で変わっていくこともあるんじゃないかな?

 

と、希望を持ちながらサッカーしていってほしいな!と感じたら書きました。

 

どこで、感じたって?

 

 

2万回行ったトイレの中で!

 

 

って、思ったでしょ?

 

 

採血してるときに、思いました。

 

 

やかましっ!!!

 

 

今日からの練習も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

お父さん先生。

こんにちは。監督です。

 

先日、自分の子どもが通う保育園の、「お父さん先生」に行ってきた監督です。

 

担当クラスは、年少さんです。

 

職員室に通され、子ども達との接し方や、園の教育方針のプリントを読みました。

 

そこには、「見守る」という言葉がたくさん書かれていました。

 

「自立」ということが、年少クラスには求められているんだと感じました。

 

今まで、たくさんの子ども達とサッカーを通じて触れ合ってきたり、保育園や幼稚園のサッカー教室にもたくさん行きました。

 

しかし、実際の保育園の中の様子や、子ども達の様子、成長過程を見る機会はありませんでした。

 

お父さん先生、ついに登場です!

 

しっかりヒゲも剃り、身だしなみを整え、ド緊張です。

 

ド緊張により、いつもより、若干、アゴがシャクレています。

 

 

やかましっ!!!

 

 

みんな笑顔で迎え入れてくれました。

 

 

僕の担当は、トイレの補助と、トイレの補助と、トイレの補助と、

 

 

おい、どんだけトイレなんだ!!!

 

 

僕の担当は、絵本の読み聞かせです。

 

滑舌悪いけど、大丈夫かな。

 

いつもより、シャクレてるけど、大丈夫かな。

 

 

やかましっ!!!

 

 

上手くいきました。

 

その後、一緒に外でたくさん遊びました。

 

よし、ここまでは順調!

 

さあ、給食です。

 

給食のメニューは、なんと、

 

なな、なんと、

 

ななな、なんと、

 

 

キノコが入った炊き込みご飯、キノコが入ったけんちん汁、キノコとホウレンソウのおひたし。

 

 

キノコ食べれない。

 

先生、拓ちゃん、キノコ食べれません!

 

食べさせてもらってもいいですか?

 

 

うるせっ!!!

 

 

食べきりました。

 

ほとんど目をつぶって食べきりました。

 

平井堅が熱唱しているときみたいに、目をつぶって食べきりました。

 

 

うるせっ!!!

 

 

その後、お昼寝で1時間ポンポンしたり、みんなで歌をうたったりしました。

 

 

そして、おやつの時間!

 

 

おやつのメニューは、

 

なんと、

 

なな、なんと、

 

ななな、なんと、

 

 

ビスケットと、牛乳。

 

 

牛乳、飲めない。

 

先生、ちゃん拓、牛乳飲めません!

 

飲ませてもらっていいですか?

 

 

うるせっ!!!

 

 

飲みきりました。

 

ほとんど目をつぶって飲みきりました。

 

中島美嘉が、雪の華を熱唱しているときのように、飲みきりました。

 

 

うるせっ!!!

 

 

1日、保育園に居て思ったことは、子ども達がとても自立している。

 

先生の話をよく聞くし、集団行動ということを理解し、協調性を学んでいる。

 

そして、そういう子ども達の自主性や協調性を、先生たちが手際よく、思いやりを持ちながら接している、教えている。

 

何よりも感じたのが、この子たちが小学生になったら出来ないと苦労するよ。ということをイメージしている。

 

すごく感動しました。

 

来年、再来年もあるので、また行きたいなと思いました。

 

 

キノコと牛乳じゃない日にね。

 

 

うるせっ!!!

 

 

さて、サッカーのことは一切書いてないブログでしたが、

 

週末も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

10/21(日)にJ-WingsにてFC KRILO 2019年度入団セレクションを行います。


下記申込書をダウンロードください。

2019年度セレクションKRILO申込書.pdf

18:00- 受付 18:30-20:30 セレクション

 

9/24(月祝)の第1回クラブ説明会・練習会ご参加の皆様、お忙しいところ参加賜りありがとうございました。

10/14(日)に第2回目のクラブ説明会・練習会を予定しております。第1回に参加出来なかった方はご参加ください。

申込書を送付頂いてない方は、添付の説明会申込書説明会・練習会のご案内2018.8.29.pdfをダウンロードください。

 

尚、第1・2回の説明会・練習会に都合がつかず、参加頂けない方もセレクションの申し込みは可能です。

その場合、セレクション当日、クラブ概要の説明を聞きたい保護者様はお申し出ください。

 

セレクションは1度しか行いません。

是非とも、セレクション参加申込みよろしくお願い申し上げます。

 

申込期限は10月17日(水)です。

 


9月27日(土)、前橋フットボールセンターA面にて、

高円宮杯決勝トーナメント準々決勝が行われました。

IMG_0390.JPG

対戦相手は大泉FC。

 

1年生の時に練習試合をしていただいたときは圧倒され全く歯がたたなかった相手でした。

 

そこからどれだけ成長できたのかも試される試合となりました。

IMG_0387.JPG

前回の試合より緊張はしていなかったと思いましたが、

 

試合は開始早々の失点でスタートしました。

 

安易なバックパスを慌てて処理してしまったところから招いたピンチで失点。

 

肩に力が入って正確なボールコントロールができなかったところからの失点でした。

IMG_0385.JPG

2失点目も肩に力が入ってしまってからのミスでした。

 

信じられないようなミスが続き0-2。

 

集中していなかったわけではありませんでしたが,

 

公式戦の見えないプレッシャーと、相手の力強さに出鼻をくじかれてしまいました。

IMG_0381.JPG

こちらにチャンスがなかったわけではありませんでした。

 

2失点してしまいましたが、そこから冷静にボールを繋ぎ直し、何度かチャンスを作り出せましたが、

 

相手選手の体を張った守備に得点を奪うことができず

 

ハーフタイムになりました。

IMG_0379.JPG

前半のうちにフィニッシュの精度を上げて1点でも奪うことができていれば状況は変わったかもしれませんでした。

 

ハーフタイムにはポジショニングの修正やポイントを押さえました。

 

まだここから!という気持ちも含め逆転を狙いピッチに送りだしました。

IMG_0378.JPG

選手たちは果敢にゴールに迫る攻撃をしていました。

 

ただこの日もあと1本のラストパスや、あと1テンポ速いシュートなどが出ませんでした。

IMG_0373.JPG

緊張と焦りから単調な攻撃が続き、攻めきれなくなってきた後半中盤、

 

パスミスからの相手のカウンター攻撃に対応しきれず、失点。

 

間延びしてしまった中盤とディフェンスの間をうまく使われてしまい試合終了間際にさらに失点してしまい、

 

0-4で負けてしまいました。

IMG_0367.JPG

1年生の時にやらせて頂いた時から選手たちは大きく成長したと思います。

 

クラブユースで負けてしまってから子ども達は本当によく頑張りました。

 

ウルトラリーグや練習試合、何より練習に本当によく取り組みました。

IMG_0365.JPG

ただ、3年間言い続けてきた、

 

ボールを正面に置いて、肩の力を抜いて、

 

自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールする。

 

これができなかったのが本当に悔しかったです。

 

緊張したとき、焦ってしまって時、1番自信を持てるものに戻れなかったことが

 

悔しかったです。

 

技術も体力も精神力もまだまだでした。

 

大きな大会は終わってしまいましたが

 

まだ3年生はウルトラリーグが残っています。

 

今週末にはニワノカップも残っています。

 

さらにこれからは進路についても真剣に向き合っていかなければいけません。

 

まだまだやらなければいけないこと、課題が山積みです。

 

1つ1つ全力で挑戦し、高校生活に向けて大きく羽ばたく準備をしっかりとできるようにしてもらいたいと思っています。

 

そして、力強く先輩を応援してくれた1,2年生、

 

2年生は新人戦でもあるニワノカップが間近に迫っています。

 

頑張ってクラブユースシード権、そして3年生が手にできなかったニワノカップ優勝を目指して頑張ってください!

 

1年生はKリーグ予選の後期がスタートしたり、会長杯出場に向けての戦いが続きます。

 

Kリーグ優勝、会長杯優勝を目指しもっと強く、逞しくなっていきましょう!

 

最後に、温かい声援を送ってくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

IMG_0389.JPG

9月22日(土)、前橋フットボールセンターA面にて、

高円宮杯決勝トーナメント1回戦が行われました。

IMG_0284.JPG

対戦相手はルーヴェン高崎でした。

前回の練習試合では4-4と引き分けていた相手です。

 

試合前から子どもたちはすごく緊張していました。

IMG_0287.JPG

試合立ち上がりはその緊張がもろに試合に出てしまい、硬い試合になりました。

 

相手の狙いははっきりしている中で、迷いながら戦っているような雰囲気でした。

IMG_0269.JPG

そういう時は点は取れないものです。

 

何度か訪れた決定機もことごとく外し、何度もピンチがありましたがキーパーのセーブにも救われ、なんとか防ぎ、

 

前半0-0で折り返しました。

IMG_0295.JPG

ハーフタイムでは迷っていたことを整理し、はっきりとプレーすることを意識しました。

 

そして気合を入れ直して後半をスタートしました。

 

後半も前半の硬さは抜け切れていませんでしたが、少しずつ思ったようなプレーができるようになり、

IMG_0293.JPG

先制点を奪うことに成功!

 

この時のホッとしのと、嬉しさがあふれた笑顔が印象的でした。

IMG_0292.JPG

前回のクラブユースで敗れてしまってから、子ども達は様々なプレッシャーと戦ってきました。

 

そんなプレッシャーをみんなが感じていた中で奪えた先制点で、重苦しかった空気を一瞬で換えてくれました。

 

そのあとに奪った追加点も意地のゴールといった感じでした。

IMG_0289.JPG

取るべく選手がゴールを奪ってくれて、チームにも勢いがつく試合になったと思います。

IMG_0275.JPG

そして何よりも失点しなかったのが良かったです。

 

最初は動きが重い選手もいましたが、キーパーを中心に段々と集中力を増していった感じがしました。

 IMG_0291.JPG

相手の速くて、上手い選手に何度も苦しめられましたが、踏ん張り切れたのは

 

クラブユースで負けてからコツコツ練習や試合に取り組んできたみんなの頑張りと成長だったと思います。

IMG_0296.JPG

そこからさらに追加点を奪うことができ、

 

3-0で勝利することができました。

IMG_0278.JPG

決して良い試合だった!とは言えませんが選手たちの頑張りでなんとか準々決勝に進むことができました。

 

次の試合は9月29日(土)、前橋フットボールセンターA面で13:00キックオフ、

対戦相手は大泉FCです。

 

難しい試合になると思いますが、落ち着いて決戦に挑めるように準備したいと思います。

IMG_0280.JPG

1回戦以上の熱い応援、宜しくお願い致します。

  • FC KRILO オフィシャルホームページトップ

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ