人のために。

こんにちは。監督です。

 

最近寒くなってきて、風邪ひかないようにしないと。と少し身体作りをしている監督です。

 

クリロをスタートさせた時は26歳で、今は34歳。

 

年々、風邪をひく回数も増え、色々な人に迷惑をかけているので、この冬は減らしていきたいと思います。

 

さて、今週は高校サッカー選手権群馬県大会の準決勝が行われます。

 

今の高3の子達が卒団するときは、「人のために」という話をしたと、フッと思い出しました。

 

僕は、「人のために」というのがモチベーションになると考えています。

 

つまりメンタルの部分です。

 

中学生ですから、中々メンタルの部分を自分1人でコントロールするとか難しいと思います。

 

ですが、もう高校生だぞ!という視点も大切で、過保護になりすぎるのは良くないな、ある程度1人でやらせないと。とも思います。

 

メンタルの育成というのは、指導者がサッカーを愛する、子どもを愛するっていうところから出てくるんだと僕は思います。

日々の接し方です。

 

僕が大切にしていることは、失敗に対して怒らない、終わった事をネチネチ言わないということです。

試合の途中でも終わったプレーに対して文句を言うなってことです。

 

子ども達に対しても、自分のプレーは終わったあとにやれ。と言います。それよりも今のゲームに集中すること。それが大切です。

 

それをメンタルの育成といっていいのかわかりませんが、日々のトレーニングの中でもそういう声掛けをすることが必要なことだと思います。

 

サッカーは失敗を前提としたスポーツです。それを理解させてきちんとチャレンジさせること、チャレンジしなかったら励ますことです。

チャレンジが多くなるということは、失敗も多くなるということですから、その失敗から学ぶというサイクルをチーム内でいかにつくるか、スタッフも含め、その姿勢を共有することが大切です。

 

そして僕は、「人のために」というのも大きなポイントだと思っています。

 

勉強は誰のためにやるのかといったら、だいたいは「自分のため」と言います。僕は違うような気がしてます。

 

先生が一生懸命に教えてくれるからとか、おじいちゃんおばあちゃんが喜ぶからとか、それがモチベーションだと思います。

 

もちろん「自分のため」というのも存在しています。ですが、自分だけのモチベーションって実は小さくて、「人のため」にやるときの方が、大きなエネルギーが生まれると思います。「人のため」という思いは頭の中の栄養素で、その栄養素が自分を動かす力になります。

 

人には気が存在していて、そういう気をエネルギーに変換できる子でないと、最後まで戦い抜くことができません。

試合に出たいけど、補欠になっていまった友達にために戦うとか、スパイクを買ってくれたお父さんお母さんのためとかとうこともあるでしょう。

そうやって応援してくれる気を自分のエネルギーに変換できる装置をもっている選手が本当に強い選手です。

 

この選手がどんなハートの持ち方をしているのか、どうやってモチベーションを高めようとしているのかを理解することが大切で、

クリロのスタッフで共有して徹底していることろです。

 

人間の強さというのは、感情の豊かさです。

 

友達の大切さとか、なぜボールを蹴っているのかとか、そういうことを子ども達に考えさせることで、彼らのメンタルが強くなっていくのだと思います。

 

褒めることも必要です。褒めるにも適切な場所、適切な言葉、適切な回数というのを考えます。

スポーツマン同士の話ですから理屈っぽくならないように、うまくポンと言葉をかけます。

言葉は重要で、怒ったりなだめたり、感情的になったり、あくまで冷静に伝えたり、ひとつひとつ本気でやらないと、いくら正しくても心には響きません。

 

言葉があっているかはわかりませんが、これがメンタルトレーニングです。

チャレンジすることだとか、失敗しても励まし合えることだとか、失敗から学べる精神を、日々の声掛けによって教えていくことが重要です。

「試合に勝つということは、負ける勇気をもつこと」です。

 

今週も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

10月14日(土)、高円宮杯準決勝が県営敷島公園サッカー・ラグビー場、11時キックオフで行われました。

DSC04480.JPG

対戦相手は上州FC高崎。

 

クラブユース優勝チームです。

DSC04487.JPG

試合は集中してスタートした固いゲームになりました。

 

お互いの特徴を出しながら相手の出方を窺う時間が続いていた中、1つのミスで失点してしまい、

 

0-1。

 

難しくなってしまうかなと思った試合中盤、

 

良い守備からボールを繋ぎ、フォワードの選手が特徴を発揮して同点に追いつくことができました。

DSC04500.JPG

そこからは緊迫した試合展開が続き、どちらも決定機をいかせず前半終了。

 

DSC04499.JPG

前半のうちに追いつけたことで落ち着いてポイントを修正し、後半に臨むことができました。

 

後半もお互い譲らない展開が続き、こう着状態が続きました。

 

何度か判断ミスや、連携のミスで危ないシーンを作られたりもしましたがなんとか耐えてチャンスをうかがっていました。

 

そんな中何度か作り出せた決定機をはずしてしまったり、

 

相手キーパーの好セーブに阻まれて嫌な流れになってむかえたコーナーキック、

 

相手にうまく合わせられ失点。

 

1-2。

 

残り時間も少なくなってきて焦りもではじめ、なかなか思うようにゲームが進められなくなってしまい、

 

交代選手に望みを託し、選手交代。

 

その3分後、残り2分というところで押し込みこぼれ球に反応し、ミドルシュート。

 

見事ゴールに突き刺さり同点!

DSC04508.JPG

土壇場で追い付き、そのまま後半終了。

 

望みをつなぎ、試合は延長戦に突入しました。

DSC04510.JPG

DSC04511.JPG

延長戦はお互い攻め手を欠き、チャンスも活かすことができず、時間だけが過ぎていきました。

DSC04515.JPG

そしてそのまま延長戦終了。

 

決着はPK戦にもつれこみました。

DSC04517.JPG

1人目、2人目と外してしまい、なんとか3人目は成功することが出来ましたが、

 

相手選手は冷静に蹴り、

 

1-4の敗戦でした。

DSC04518.JPG

結果、高円宮杯第3位。

 

クラブユース大会に続き、ベスト4進出、公式戦3位が2回と立派な成績を残してくれました。

DSC04520.JPG

惜しくも目標であった関東大会出場は逃してしまいましたが、

 

この1年間の3年生の頑張りは本当に素晴らしいものでした。

 

そして、出場している選手、ベンチの選手、応援団、スタッフ、

 

最後の1秒まで一丸となって戦いました。

 

1、2年生は逞しい先輩の背中を見てより一層のクリロ魂を感じたはずです。

 

次は君たちの番です。

 

先輩たちのように強く、逞しく、カッコよくなっていきましょう。

 

3年生はここからはそれぞれ進路の決定や勉強も忙しくなると思います。

 

ただ、まだあと1つ、

 

G1リーグが残っています。

 

ウルトラリーグ昇格に向けて落とせない試合がまだまだ続きます。

 

気を抜くことなく、さらに引き締めて相手と、自分たちと勝負してほしいと思います。

DSC04521.JPG

 

応援してくださった皆様、温かい声援本当にありがとうございました。

DSC04522.JPG

10/14(土)に準決勝2試合 10/15(日)に決勝が行われました。

KRILOは準決勝で上州FC高崎と対戦し、2-2(1-1、1-1、延長0-0) PK1-4で敗れ
クラブユースに続き3位でした。関東大会出場の壁は厚いものです。全員でよく戦いました。

関東大会出場を決めた前橋ジュニア・上州FC高崎おめでとうございます。

頑張ってください。

詳細は下記をご覧下さい。



☆2017年 NIWANO CUP☆

10月7、8、9日の3日間、長野県上田市菅平高原各グラウンドで

第20回、群馬県クラブユースサッカー大会、NIWANO CUPが開催されました。

 

1、3年生は準公式戦、2年生は新人戦で来年度クラブユースシード権をかけた公式戦でした。

 

各学年の結果になります。

 

3年

予選リーグ

vs FCおおた  2-3

vs FC Creader Tatebayashi Ora  4-0

vs tonan前橋  1-2

vs 前橋エコー  2-1

2勝2敗でCトーナメント

 

順位トーナメント

vs FC伊勢崎境  0-0 PK4-3

vs ルーヴェン高崎 2-1

 

結果

9位 

 

2年

予選リーグ

vs 藤岡キッカーズ  2-1 

vs PALAISTRA      4-0 

vs 高崎エヴォリスタ 3-0 

vs Y's FOOTBALL CLUB    5-2

 全勝で1位通過

 

決勝トーナメント

準決勝

vs 前橋ジュニア  3-1 

決勝

vs 上州FC高崎  1-2 

 

結果 

準優勝

 

1年

予選リーグ

vs tonan前橋  3-2

vs FC桐生   3-0

2勝で決勝トーナメント進出

 

決勝トーナメント

vs 藤岡キッカーズ 2-2 PK 3-4

vs 前橋エコー  3-2

vs 高崎FC    0-3

 

結果

6位

 

 

3年生は高円宮杯準決勝に向けて良い準備を、

DSC04422.JPG

2年生はクラブユースシード権を獲得を、

DSC04430.JPG

1年生は残りのKリーグ予選、来年のNIWANO CUPに向けた個人のレベルアップを目標に取り組みました。

DSC04445.JPG

各学年課題が出た大会になりました。

 

 

寒い中たくさんの方が応援に来てくださいました。

ありがとうございました。

 

また、対戦させて頂いた各クラブ関係者様、大会運営をしてくださいました関係者の皆様、ありがとうございました。

 

DSC04479.JPG

9月30日(土)、前橋フットボールセンターC面にて、

高円宮杯、決勝トーナメント準々決勝が行われました。

DSC04371.JPG

対戦相手は昨年ウルトラリーグ入れ替え戦で負けてしまった吉岡中です。

DSC04370.JPG

相手の狙いがある中で、しっかりと準備をして臨めた対戦でした。

 

何度かオフサイドでチャンスをつぶしてしまっていた中、一瞬の隙をついて先制に成功!

DSC04373.JPG

その後、同じようなチャンスがありましたが決め切れず、嫌な時間になってしまうかなと思った17分、

 

ディフェンスの裏に入ったロングボールに2列目からサイドの選手がうまく反応して追加点を奪うことができ、

 

前半は2-0で折り返しました。

DSC04379.JPG

ハーフタイムに気になるところに修正を加えて、後半へ。

 

足が止まりがちだった選手達に喝を入れて、残り40分がスタートしました。

DSC04385.JPG

後半立ち上がりは相手も修正を加えてきて長いボールで何度か危ないシーンを作られてしまいましたが、

 

子ども達は慌てることなく対応していました。

DSC04397.JPG

そこから自分たちの流れを掴むことができ、6分間で4点奪うことができました。

DSC04400.JPG

交代した選手も結果を出し、7-0で勝利することができました。

DSC04402.JPG

結果、関東大会を賭けた準決勝に進むことができました。

 

次の試合は10月14日(土)、敷島公園サッカー場、11:00キックオフ、

対戦相手はクラブユース優勝チームの上州FC高崎です。

 

難しい試合になると思いますが、チーム一丸となって勝負してきたいと思います。

DSC04369.JPG

 

応援宜しくお願い致します!

 

10/21(日)にJ-WingsにてFC KRILO 2018年度入団セレクションを行います。

18:00- 受付 18:30-20:30 セレクション

 

9/24・10/1のクラブ説明会・練習会ご参加の皆様、お忙しいところ参加賜りありがとうございました。

是非とも、セレクション参加申込みよろしくお願い申し上げます。

 

尚、説明会・練習会に都合がつかず、参加頂けなかった方のセレクション参加申込みも合わせて受けます。

セレクション当日、クラブ概要の説明を聞きたい保護者様はお申し出ください。

 

セレクションは1度しか行いません。

 

下記をダウンロード頂きFAXにて、申込みください。

 

2018年度セレクション[KRILO]申込書.pdf

 

9/30(土)に前橋フットボールセンターで快晴の下、高円宮杯の準々決勝が行われました。

KRILOは吉岡中と対戦し7-0で勝利しました。

準決勝は、10月14日(土)に県営サッカー・ラグビー場で11:00キックオフで上州FC高崎と対戦致します。

応援よろしくお願いいたします。


9月23日(土)に宮城総合運動公園にて、

高円宮杯群馬県予選、決勝トーナメント1回戦が行われました。

 

対戦相手はザスパクサツ群馬。

ウルトラリーグで上位を走り、1年生の時の会長杯の決勝戦では1-2で敗れてしまった相手です。

 

DSC04330.JPG

DSC04333.JPG

トレーニングや事前のトレーニングマッチなどで様々な準備を行うことができたおかげで、

いつもとは違った良い緊張感の中でゲームに臨むことができました。

DSC04336.JPG

試合はお互いチャンスを決めることができず、嫌な時間が続きました。

 

立ち上がりのチャンスをはずしてしまいましたが、サイドからうまく起点を作ることができ、先制に成功しました。

DSC04341.JPG

ペースを掴み、よし、ここから!というところで相手ロングボールへの対応が曖昧になり、失点。

 

良い流れができ始めていただけに痛い失点でしたが、選手たちは冷静に対応し、集中力を切らすことなく戦い続けました。

ここがクラブユースからの成長なんだと感じました。

 

試合はこの後3点奪うことができ、4-1で勝利しましたが、勝敗の分かれ目はこの時だったのではないかと思います。

 

DSC04346.JPG

同点にされてからもチームで決めたことを守りながら、個性が出るような展開が見られ、いい攻撃、いい守備、いい連携が見られました。

DSC04349.JPG

ハーフタイムで細かいところを修正しながら、戦う気持ちも引き締め直して後半に臨みました。

DSC04352.JPG

 

後半ではスピードのある選手が自分の特徴を活かし、ゴールを奪うこともできました。

 

DSC04356.JPG

まだまだ1人1人の課題は山積みですが、チーム一丸となって勝利し、次につなげることができました。

 

次は、

 

9月30日(土)、前橋フットボールセンターC面、11時キックオフで吉岡中と対戦します。

 

昨年のウルトラリーグ入れ替え戦で敗れてしまった相手です。

 

関東大会出場、そして入れ替え戦の雪辱を果たす上でも絶対に負けられない戦いになります。

 

さらにいい準備をして決戦に挑みたいと思います。

 

1回戦以上に熱い応援、宜しくお願いします!

 

DSC04365.JPG

 

小学6年生を対象としました2018年度(9期生)入団に向けてのクラブ説明会及び練習会のご案内です。



セレクション前のクラブ説明会・練習会は、10/1(日)が最終となります。

ご参加希望の方は下記をダウンロードしてお申し込みください。



尚、セレクションは10月21日(土) 18時受付 18:30-20:30を予定しております。
申込書は説明会で配布致しますが、別途ホームページにもアップ致します。

10/7-9で菅平高原で行われる2017ワノカップ 第20回群馬県クラブユースサッカー大会の組合せが決まりましたのでアップします。




  • FC KRILO オフィシャルホームページトップ

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30