2020年1月アーカイブ

2020年1月13日に沼田市のホテルベラヴィータにて田中選手の激励会を行いました。

1/10にザスパ入団のリリースがあった外山佳大選手も一緒に出席しました。

IMG_0038 (800x600).jpg

この激励会は田中選手を応援する会『会長 永井好二(沼田SC 顧問) 副会長 竹内敏昭(NPO法人J-Wings理事長)』が主催して開催されました。

この日はザスパの2020年度の始動の日で、初練習の後、どうにか、会に間に合うように二人に前橋から駆けつけてもらいました。



沼田利根地域を愛する方々、サッカーを愛する方々、ザスパを愛する方々に出席頂きました。

沼田利根の各市町村の首長や県会議員、沼田市・利根郡サッカー協会関係者、地元サポーター、KRILOの保護者など総勢約90名の方々に参加頂き盛大に執り行われました。

まずは主催を代表して永井会長より挨拶がありました。

IMG_0041 (800x600).jpg


続いて、ザスパクサツ群馬の奈良社長より、ザスパの昨シーズンを振り返って頂いたり、2020年シーズンの抱負、田中・外山両選手への期待などを語って頂きました。
IMG_0042 (800x600).jpg

続いて来賓の方々に挨拶を頂きました。

まずは、田中選手の出身地の沼田市の横山市長様です。
IMG_0047 (800x600).jpg
続いて、中学時代に所属していたFC KRILOのホームグラウンドがある昭和村の堤村長様です。
IMG_0049 (800x600).jpg

その後、他の来賓の方を紹介させて頂き、一言メッセージを頂きました。

まずは川場村 外山村長様
今年からザスパに入団する外山佳大選手のお父さんです。
IMG_0052 (800x600).jpg
続いて、片品村 梅澤村長様
IMG_0054 (800x600).jpg
次はみなかみ町 笠木副町長様です。
IMG_0056 (800x600).jpg
続いて、利根郡の星野寛県議会議員様です。
IMG_0059 (800x600).jpg
次は沼田市の金井康夫県議会議員様です。
IMG_0061 (800x600).jpg
来賓の最後は群馬県サッカー協会副会長の鈴木芳文様(月夜野在住)です。
IMG_0063 (800x600).jpg
その他にも多数の来賓にご参加頂きましたが時間の関係で皆様よりメッセージは頂けませんでした。

沼田市サッカー協会長の石坂英雄様のご発声で乾杯後、歓談が始まりました。

IMG_0064 (800x600).jpg
歓談の中で田中選手のこれまでの活躍をまとめてDVDの上映もありました。
IMG_0065 (800x600).jpg
その後、小学時代に所属していた沼田サッカークラブの選手2名より田中選手に花束のプレゼントがありました。
IMG_0070 (800x600).jpg
お返しに、田中選手から二人にサイン色紙とチームへ応援フラッグが渡されました。
IMG_0073 (800x600).jpg
IMG_0075 (800x600).jpg

いつも、ザスパ並びに田中選手にホームやアウェイで熱い応援をして頂いている利根沼田地域のサポーターの方々が壇上で応援を披露して頂きました。大いに盛り上がりました。
IMG_0076 (800x600).jpg
二人が壇上で固い握手を交わし、お礼と決意表明をしました。
IMG_0094 (800x600).jpg

外山選手は田中選手と同い年で小学時代は川場FCジュニアです。FC KRILOで田中選手と一緒に1期生としてプレーしました。

中学3年生の時、田中選手は監督の薦めもあり鹿島アントラーズユースのセレクションを受け、100人の中から2人しか合格をしない狭き門の中、見事合格しました。

かたや外山選手はゴールキーパーとして中学時代、田中選手同様に群馬県選抜として活躍をしており、その活躍が認められ、京都サンガユースにスカウトされました。

まずは田中選手の挨拶です。
IMG_0087 (800x600).jpg

外山選手の挨拶です。
IMG_0090 (800x600).jpg

田中選手はユースでの活躍が認められ、トップ契約が出来きJリーガーとして3年間、J1鹿島アントラーズでプレーし、昨シーズンにザスパに移籍しました。
外山選手は、残念ながらトップチームとの契約はできませんでしたがユース時代、京都の国体メンバーに選ばれ、4年間、立命館大学でプレーし、その努力が実り、今年からザスパの一員となりました。

二人は7年ぶりに同じチームで再びプレーすることになりました。

これも何かの運命かもしれません。

二人をFC KRILOで指導した青山監督より激励のメッセージがありました。
IMG_0079 (800x600).jpgのサムネール画像
続いて、田中選手が鹿島アントラーズユース時代にTOPのキャンプに参加していた時に何かと面倒を見てくれた前橋育英高校出身で長く鹿島アントラーズで活躍しJ1リーグで400試合出場した、元日本代表の青木剛さんからの当時のエプソードを交え激励を頂きました。

今、鹿島に住まわれています。遠いところありがとうございました。
IMG_0083 (800x600).jpg

宴たけなわでしたが、最後に鈴木群馬県サッカー協会副会長様の締めでお開きとなりました。
IMG_0098 (800x600).jpg
新年初めで、お忙しい中、たくさんの方々に激励を頂き、田中選手・外山選手も感謝しておりました。
今期の活躍で、皆さんに恩返しをして頂きたいと思います。

田中選手・外山選手はプレッシャーをバネに変えられる男です。

FC KRILO出身者で、それも同期の二人がザスパでプレーするとは思ってもいませんでした。

田中選手、今年はアデッショナルタイムではないところで点を決め余裕で勝利をつかみ取れるようにお願いします。(笑)

皆さん、二人の応援よろしくお願い致します。

田中選手 今シーズンの背番号 11
外山選手 今シーズンの線番号 37

頑張れ、田中・外山!






まちがいさがし。

明けましておめでとうございます。

菅田将暉です。

昨年は大変お世話様になりました。

菅田将暉です。

今年も宜しくお願いいたします。

菅田将暉です。



もはや、




まちがいだらけ!




やかましっ!




改めまして、今年も宜しくお願いいたします。




みなさん、どんなお正月を過ごしましたか。

僕は、実家に帰り普段会えない人達と過ごしたり、遠出して遊んでたりしてました。

1年のうちに比較的にのんびり過ごせる時期なので、ゆっくりと英気を養っていました。

箱根駅伝なんかも、つい気になっちゃって見たりしていたんですが、

職業柄、どんなフォームで走るのかな。とか、

どんな歩幅で走っているのかな。とか、

表情はどうかな。って、見ていたりしました。

1人の調子が悪くても、みんなで補おう!というところに、チームスポーツの良さなんかを改めて感じていました。

高校サッカーも何試合か見たりしましたが、ボールの置きどころはどうかな。とか、

フォームや重心はどうかな。って、目がいってしまいます。

守備のところなんかでいうと、例えば相手と対峙したときに、相手が自分の右側にいく場面では、

だいたい守備側の選手は右足を出しているんですね。

しかし、それだと1発で奪えなければ終わりです。

そして抜かれたときに相手が進む方向とは反対を向いてしまっているので、もう追える体制ではありません。

右にこられたら、左足を出すのが理想的かなと考えます。

この形なら、右を抜けられてもそのまま相手についていくことができるんですよ。

今風に言えば、クロスステップなんかがイメージしやすいですかね。

自然に正しい足が出るように足の運びをトレーニングしなければなりません。




少しかたい話になってしまいましたが、相手と対峙したときには、色々な方法論が、




あると思います!




って、いきなり天津木村!!!




もはや、お父さん世代しか笑っていない。





色々な方法があると思いますが、





間違いか正解かだなんてどうでもよかった。





はい、菅田将暉!!!





2020年の目標は、





菅田将暉になる。





あると思います!




ねぇぇぇよ!!!




今年も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。
  • FC KRILO オフィシャルホームページトップ

2020年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別 アーカイブ