甘えん坊。

こんにちは。監督です。

志しは高く、愛情は深く、友情は等しく!でおなじみの監督です。

みなさん、ご一緒に、





やかましっ!!!





さて、そんな僕ですが、先日、自分の子どもである双子の習い事に行ってきました。

自分の子に何かさせたいな。とは思ってましたが、僕に似て甘えん坊なので、全く習い事には興味がありませんでした。

ん?

甘えん坊?

お前いくつ?

35歳だろ?

そのクセに甘えん坊?





はい、甘えん坊です!




甘いもの好きな、甘えん坊です。




1番好きな甘いものは、




ホットケーキです。





やかましっっっ!!!!!





話を戻します。

んで、初めての習い事はというと、

トランポリン教室です。

クリロOBのお母さんが渋川で、教室を開いていて、体験させていただきました。




緊張した面持ちで行きましたが、教室が始まると、笑顔いっぱいで楽しい時間を過ごせました。

僕はというと、指導に興味津々シャンシャン。


ん?

シャンシャンはパンダ。

上野動物園のパンダ。

パンダ焼きも食べたい。





やかましっっっ!!!




気をつけてはいるのですが、ついつい職業柄、指導の言葉がけや、安全性、雰囲気などに興味がいってしまいます。

申し訳ありません。




とても楽しくトランポリンを教えていただき、素晴らしい時間を過ごさせていただき、娘は帰りたくないと泣いてしまいました。

僕も、泣いてしまいました。



ん?

泣いた?

お前いくつ?

35歳だろ?

少しシャクレてるだろ?




おい、やめろ!

シャクレは関係ない!




さて、そんな僕ですが、クリロでの活動を終わった後には必ず、スイッチを切り替える作業を行っています。

うまくいっているときは、誰でも気持ちよく次の活動に臨めるものです。

大事なのは、勝っても負けても試合の後にどんな行動を取るかです。

切り替えという言葉がありますが、反省のない切り替えには意味がありません。

しっかりと反省したうえで、その試合における、成果と課題を振り返って次に向かう。それが僕の考え方です。

「逆境に立たされたときにどう振る舞うか」

これはサッカーに限らず、一般的にもよく言われることです。逆境にこそ人間の本性が表れる。

僕自身も、生きてきた中で色々と失敗をしてきました。

しかし、サッカーに関して言えば、逆境で追いつめられて大きな失敗をしてしまった、ということはあまり思い当たりません。

家族や近い人にそういう行動を見せてしまったことはあるかもしれません。

でも基本的にはそういった状況を客観的に観られるタイプの人間だと思っています。

だから、僕は逆境が嫌いではありません。自分や周囲が苦しい状況に置かれたときでも、普段の自分を出せるか。

そこで踏ん張りが利く自分でいられるか。

それはサッカーの指導者としてというより、ひとりの人間として生きていくうえでのテーマとしてもっているものです。

難しい状況の時に、ここでバタバタしてしまうのがお前なのか、それとも今までやってきたことをやり続けられるのがお前なのか、

ピンチのときほど冷静に、前向きに、力強く進んでそれを打開できるメンタルと行動力を持て!

そうやって、試練を乗り越えられるのが自分なのだ。そう自分に言い聞かせながら、苦しい状況を乗り越えてきました。




あれ?少し監督、興奮気味じゃない?

そう思ったら、




甘いものをください。




やかましっっっ!!!




今週も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。
  • FC KRILO オフィシャルホームページトップ

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ