2019年1月アーカイブ

身体作り。

こんにちは。監督です。

新年のご挨拶が遅くなりました。

今年も宜しくお願い致します。

さて、年末から年始にかけて、3年生は猛烈に勉強したと思います。

現在も継続して勉強していると思います。

勉強するということは大切なことですが、感性を磨くことも大切です。

息抜きにサッカーしましょう。

私立、第一希望で受かった人、おめでとうございます。

高校生になる実感は、まだ湧かないと思います。

今自分が感じているサッカーよりも、広く感性をもてるよう、楽しくサッカーしましょう。


ん?


あれ?


2019年、ブログの書き方変わった?


僕も今年で36歳になります。

そろそろ真面目になります。

話を戻します。


戻すんかい!!


最近、感じていることは、中学サッカーの枠内(または高校サッカー)だけで物事を考えるな!

これです。

今年は、これです。


ん?


難しいよ。


よくわからないよ。


さて、話は変わります。


変わるんかい!!


クリスマスから年末年始にかけて、たくさん試合をしました。

ものすごくエキサイティングな試合ができたときもあれば、難しい試合になったこともありました。

感情的に良くないなという日もあれば、戦術的に良い局面もありました。

その中で、1つ感じたことがありました。


相手の力を利用することはできないのかな?ということです。


具体的に言えば、


身体の操作性です。


もう少し簡単に言えば、フィジカルです。

日本では、身体のサイズが大きいということを、フィジカルが強いというように表現します。

しかし、フィジカルとは強さだけを表す言葉ではなく、しなやかさやスピードも含まれるものです。

日本のフィジカルとテクニカルを対極に置く考え方や、身体が大きい選手を単純に、フィジカルが強いと表現する風土は、改めるべきだと思います。

では、フィジカルコンタクトとは、どのようなものなのでしょうか?

サッカーの場合、コンタクトの目的は、ボールをいかに保持し、プレーエリアを確保するかです。

本来、ボールコンタクトでイーブンな状況はありません。

必ず良いポジションと悪いポジションがあります。

相手のプレーエリアを奪うために自分から強くコンタクトするのか、あるいは自分が優位なポジションならば相手のコンタクトをどう利用するのか。そこをうまく感じて、相手の力をもらってプレーするのです。

自分が良いポジションにいるのであれば、相手が強く当たってくるのですから、そのエネルギーをうまくもらえれば局面を打開できます。

高校サッカーでも激しく身体をぶつけ合うのですが、それを激しさととらえてしまうと、サッカーの本質からずれてしまう。

そういうときに上半身が巧みに使えれば、それだけでうまく自分の行きたい方向に向かえます。

そこもほんの少し、人を感じる感覚、自分のプレーエリア確保のためにコンタクトするという考えがあれば、だいぶ違ってくるでしょう。

クリロの子たちを見ていると、身体の入れ方など、まだまだ洗練されていないと感じます。

ボールコントロールをミスした後に、いかに自分のプレーエリアを確保するかと工夫が必要です。

瞬間的なコンタクトスキルが向上することで、プレー強度は高くなると思います。


さて、そろそろ文章を読んでいて、疲れてきたと思います。

ここらへんでやめておきます。

週末も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。
2019年 あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話様になりました。

本年もご指導・ご協力賜りますようお願い申し上げます。

2018.12.30(日)にJ-Wingsにて行われた恒例のKRILO蹴り納めの様子をアップいたしました。

暮れの忙しい中、自由参加で多くの子供たちが参加してくれました。

毎年、同窓会みたいに、子供たちも親御様も楽しみにしているようです。



今年も雪が5センチほど積り、スタッフと子供たちによるピッチの雪かきからスタートです。
J-Wingsならではの光景です。冬に雪が降るのが当たり前です。みんな驚きません。

K001 (640x480).jpg

約2時間ほどで雪かき終了です。

午前11時に1期生(大学3年生)から9期生(中学1年生)に全員集合して監督の挨拶から始まりました。
K002 (640x480).jpg

いよいよ11時15分から、同期同士でチームを作り、1-9期生総当りで少年コートでゲーム開始です。
K003 (640x480).jpg
K004 (640x480).jpg

横殴りの雪をものともせず、楽しんでプレーをしていました。

K005 (640x480).jpg


毎年、恒例で中学3年生の保護者様が暖かい『豚汁』を200人分用意してくれました。
朝から準備して頂き感謝・感謝です。

来年は、現2年生の保護者にお願いいたします。あつかましいお願いで申し訳ありません。

毎年人数が増えていくので量を作るのが大変です。野菜などの食材も皆さんで持ち寄ってくれました。

ありがとうございました。

K006 (640x480).jpg

雪の中、体の芯から温まります。

K008 (640x480).jpg

K007 (640x480).jpg

J-Wingsに来られた保護者の分まで沢山用意頂きありがとうございました。

蹴り納めは15時半くらいまで続き、最後に全員で集合写真を撮りました。

0期生 (640x480).jpg

その後1期生から順に各年代ごとに集合写真を撮りました。
去年、人数が少なかった学年は、みんなに呼びかけ昨年より多く集めたみたいです。

各学年毎に参加人数を密かに競争している感じです(笑)

まずは1期生からです。全員で15名しか、いないのに毎年かなりの出席率です。
この春には大学4年生になります。もうすでに、みんな大人です。

鹿島アントラーズからザスパクサツ群馬に移籍した田中君頑張ってください。
1期生(大3) (640x480).jpg

次は2期生です。唯一関東大会出場した年代です。ちょっと集まりが悪いぞ。来年期待してます。
2期生(大2) (640x480).jpg
そして3期生、今年から大学2年生になります。来年はもっと参加呼びかけてね。
3期生(大1) (640x480).jpg
次は4期生です。この3月には高校を卒業します。サッカー続けて下さい。進路が決まっているのか、今回はかなりの出席率です。
4期生(高3) (640x480).jpg

今度は5期生です。今年は高校最後の年です。期待しています。
5期生(高2) (640x480).jpg
6期生です。今年は高校2年目、レギュラーを掴んでください。
6期生(高1) (640x480).jpg

次から現役団員です。
まずは3年生 受験頑張ってください。何人か勉強のため参加していません。卒団式は3月9日ですよ。
7期生(3年) (640x480).jpg
次は2年生 ウルトラリーグが始まります。頼むよ。裸で気合が入っているね。風邪引くなよ。
8期生(2年) (640x480).jpg
ラストは1年生です。今年の3月で1年経ちますが先輩と比べると、まだまだ幼いね。
大会パンフレット用の写真も兼ねて、この寒い中ユニフォーム姿です。ご苦労様。
プロの田中君と試合してどうでしたか?
9期生(1年) (640x480).jpg

また来年、元気で12月30日に会いましょう。
寒い中、参加してくれてありがとうございました。


  • FC KRILO オフィシャルホームページトップ

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別 アーカイブ