トレーニングには喜びがないといけない。

こんにちは。監督です。

 

新年のご挨拶が遅れました。

 

今年も宜しくお願い致します。

 

さて、2018年の目標は、

 

YouTuberになる。

 

やかましっ!

 

昨日の大雪で、前橋で2時間、昭和村で3時間、雪かきしました。

 

高速雪かき!

 

高速雪かき興味ないですか?

 

どんな雪かきの仕方か興味ないですか?

 

観たい人は、

 

YouTubeを観てね。

 

って、YouTuberか!

 

たくさんアクセスしてくれた人には、プレゼントをあげるよ。

 

だから、YouTuberか!

 

やかましっ!

 

さて、そんな監督ですが、雪かきの仕方は、

 

基本に忠実に!です。

 

雑にやってもしょうがない。サッカーもそうだと思います。

 

ミスはつきものですが、ミスする確率を下げるために練習や練習試合があります。

 

サッカーの生命線はテクニックです。

 

中学生年代もそうで、テクニックをいかに磨くかです。

 

もちろんフィジカルやタクティクスやメンタルや色々なものがあって、それぞれの分野ごとに強化はありますが、

そういうのもテクニックを磨く中で補っていく。テクニックなしのフィジカルにはなにも意味がないというくらい、

ゲームの中で使えるテクニックを磨くことが重要です。

 

また、もっとも基礎的なテクニックについていえば、これは確率論です。10回ボールをコントロールして何回うまくいくか、

10回ボールを蹴って何回芯を捉えられるかかです。

 

メッシだってたまにはミスキックします。でも100回やって失敗するのが何回かですよね。それが50回失敗するとしたらまったく成功率が違う。そういう意味でいうと確率論なんです。ゲームになるとそれが11人いるわけですから、さらにミスの回数が増えてしまいます。

 

ではどうするかですが、うまくいく確率を高めるために1番大切なのは、正しいフォームです。

正しいフォームというのは、うまい選手のフォームです。

正しいフォームを身につけさせるというのが最も大切なことだと考えています。

 

じゃあ、どんなトレーニングをすればいいのかというと、それは集中した反復トレーニング以外ありません。

基礎トレーニングという言葉が合っているかどうかはわかりませんが、テクニックのトレーニングというのは、最もシンプルな形でやります。

キックなら対面でやらせることが多いです。フォームを固めるのが目的であるから、対面パスでいいんです。

それを何度もやる以外ありません。

練習メニューに頼ってしまうと、意味なく練習を複雑にしてしまうことになってしまいます。

 

じゃあ、動きながらのトレーニングはどうやって身につけるのってなるかもしれませんが、

そのトレーニングはゲーム以外ないでしょう。そういう意味では、ゲームも基礎トレーニングの1部です。

 

なんか味気ない文章になってしまいましたが、僕が願うのは、サッカーをやることで子ども達に、最終的に幸福感を味わってほしいということです。

 

今日の練習も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

  • FC KRILO オフィシャルホームページトップ

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31