2017年3月アーカイブ

3月11日(土)、第5期生の卒団式がベラ・ヴィータで行われました。

DSC04057.JPG

5期生はクリロで初めてセレクションを行ったメンバーです。

DSC04060.JPG

雨が降る中セレクションを行ったのが昨日のことのように感じてしまうくらい、5期生との3年間はあっという間でした。

 

今年は2年生藤井颯君のお父さんが司会進行をしてくださいました。

 

藤井代表から温かい言葉が贈られ、卒団式がスタートしました。

DSC04061.JPG

本年も昭和村町長様をはじめ、たくさんの方に出席していただき、盛大に卒団式を執り行うことができました。

DSC04062.JPG

DSC04063.JPG

また、卒団生が小学校時代にお世話になった指導者の方も駆けつけてくださり、立派に成長した姿をみせることができました。

DSC04064.JPG

今年も昨年に引き続き歌手のYUKA様もミニコンサートをして頂きました。

DSC04069.JPG

サラエボフットボールプロジェクトの森田太郎様はお仕事の都合で残念ながら来ていただけませんでしたが、とても熱いビデオメッセージを卒団生に贈ってくださいました。

 

さらに1期生で鹿島アントラーズで活躍している先輩、田中稔也君が今年もビデオメッセージを送ってくれました。

先輩の活躍と偉大さを肌で感じ、卒団生も現団員の選手達も目を輝かせながらメッセージを聞いていました。

 

皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました。

 

今年の卒団生からの記念品はこの文字の横断幕でした。

DSC04073.JPG

毎年少しずつ増えていく横断幕やのぼり旗にクリロの積み上げている歴史や先輩たちの雄姿を感じます。

 

この歴史を背中に感じ新3年生の番になります。

 

頑張っていきましょう!

 

2年生から3年生への卒団記念品は全員の名前がプリントされたペナントが贈られました。

DSC04076.JPG

3年間共に競い合った仲間の名前を胸に高校でも活躍してほしいと思います。

DSC04077.JPG

 

5期生は比較的静かな子が多い年代で、入団してきた頃は恥ずかしがって全然しゃべれないような学年でした。

 

しかし、そんな子達が3年間で本当に立派に成長し、胸を張り自分の夢や感謝の言葉を堂々と話している姿に胸が熱くなりました。

DSC04078.JPG

そして最後に監督から一言、

DSC04109.JPG

今年の卒団生のこれからへの期待を強く感じる言葉がたくさんありました。

 

スタッフ一同、今後のみんなの活躍を心から期待しています。

 

頑張ってください!

 

僕は年々涙腺が緩くなってしまってきているようです。笑

 

楽しくもあり、寂しくもある卒団式は卒団生南雲怜君のお父さんの挨拶と卒団生の気合のこもった円陣で終了しました。

DSC04110.JPG

この背中を後輩たちは目に焼き付けていました。

 

5期生のように、逞しく、優しく、かっこいいサッカー選手になっていきましょう!

 

卒団生の皆さん、保護者の皆様、本当に3年間お世話になりました。

 

これから難しいことやつらい時、KRILO魂を思いだし、周りに魅せつけてやってください!

DSC04114.JPG

卒団おめでとうございます!

 

五十嵐

ブルゾン。

こんにちは。監督です。

 

先日、風邪で寝込んだ監督です。

 

寝込んでいる間、シュークリームしか食べたくなくて、ずっとシュークリームを食べていた監督です。

 

何個ぐらい食べたかって?

 

 

 

 

35億!

 

 

 

 

やかましっ!

 

さて、先日、OBの子とご飯を食べに行きました。

 

めっちゃ食べ盛りみたいで、イタリアンをこれでもか!ってぐらい食べてました。

 

やっぱりガツガツ食べるのは、いいですね。

 

食べながら、近況などを聞いていて、楽しい時間でした。

 

そんな時間を過ごしていると、質問されました。

 

「監督はなんで、あんなに俺らに、サッカーを自由にやらせてくれたんですか?」

 

結論は簡単、

 

 

 

 

待つの。

 

 

 

 

やかましっ!

 

成長は人それぞれ、早い子もいれば、当然遅い子もいる。

 

ただ、共通しているものは、楽しくやらなきゃ成長しない。

 

楽しくて、たまらなくて、成果を感じないと、成長しない。

 

それをひたすら俺は、

 

 

 

 

待つの。

 

 

 

 

やかましっ!

 

なんなら、

 

 

 

 

松野明美!

 

 

 

 

あ、これはお父さんお母さん達しか、笑わないか。

 

 

困ったときに、戻れる場所があるかどうか。

 

選手には調子の波は必ずある。

 

スランプに陥ったときに、「戻れる」 基本練習、基本的思考を持っている選手は強い。

 

人は必ずしも完璧ではない。行いを間違えたり、自己を見失ったりすることもある。

 

そうしたときに、「戻れる場所」があるかどうか。

 

僕は待ちますが、子ども達は、待っているだけではいけません。

 

どんどん基本練習を行って、どんどん基本的な思考を働かせて、今なにをやるべきか?どんなことをしたいのか?

 

を言葉と行動と体で表現するべきです。

 

その為の、自由なサッカーです。

 

今日の練習も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

  • FC KRILO オフィシャルホームページトップ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30