2016年1月アーカイブ

気づき。

こんにちは。監督です。

 

1年ぶりに、ヒゲジローを発動させようと模索している監督です。

 

さて、生活していく中で大切なことのひとつに、「気づき」があります。

 

散歩で心を集中して歩いていれば、気づかなかったことに気づけるようになる。

 

道ばたに落ちているゴミを見つけたら、拾って帰る。

 

めんどくさいな!と思っても、「やろう!」という発心(はっしん)の気持ちが大事だ。

 

しかし、五感が働かなければ、「やろう!」という自分の気持ちにさえ気づかない。

 

ピンポイントで、ものを感じるように心を集中させる。そうすれば、かならずどんなことにも新しい発見がある。

 

例えば、

 

音楽家になったつもりで耳をすませる。

 

そうすればいろんな音を聞くことができる。

 

料理家になったつもりで味わう。

 

そうすれば食材の本当の味に気づくことができる。

 

ほかの人が気づかないことに気づき、ほかの人が感じないことを感じる。五感を研ぎ澄ませることで、それができるようになる。

 

そして、五感を活性化させていれば、自然と第六感が働くようになる。

 

第六感が働くということは、いざというときに正しい反応や判断ができるということになる。

 

つまり、勝負勘が身についてくる!

 

例えば、野生動物は、常に警戒しながら生きている。

 

常に五感を研ぎ澄ませているから、いざというときに第六感が働く。

 

敵が攻撃をしかけてくる1歩2歩も手前で反応して、対応する。

 

サッカーは、野生動物のように第六感を働かせなければならないことの連続だ。

 

いまは起きてないが、次の瞬間に起こることに対して、体を反応させなければならない。

 

この第六感が働くか働かないかで、試合の結果は大きく変わる。

 

勉強も学校生活も同じ。

 

どんなことにも心を集中して研ぎ澄まさせて取り組めば、かならず結果がでる。

 

だらだらせずに、背筋を伸ばしてさっさと歩く。

 

椅子の出し入れ、ドアの開け閉めのとき音を立てない。

 

そういう何気ない動作の一つひとつに五感を働かせることは、無駄ではないと思います。

 

と、こんな真面目に書いていますが、僕はこの後、大好きなカレーを食べます。

 

もちろん、料理家になったつもりで、

 

 

 

味わ、

 

 

 

味わっ、

 

 

 

味わって、

 

 

 

うん、飲む。

 

 

 

カレーは飲み物だから、飲む。

 

 

 

味わってなんかいられねっ!

 

 

 

五感より、第六感より、

 

 

 

カレーが好き!

 

 

 

永野かっ!

1/26(火)に会長杯決勝トーナメントの組合せ抽選が行われました。

雪の影響で準備は万全ではないですが精一杯いいプレーをしてほしいと願っています。

 

会長杯決勝トーナメント表.pdf

散歩。

こんにちは。監督です。

 

散歩というものをしたことがあるでしょうか?

 

チームによっては遠征や合宿時に散歩を行うチームはあると思います。

 

散歩というのは、集団でだらだらとしゃべりながら歩くものではありません。

 

字のごとく、「散って歩く」ものです。

 

みんなで一緒に歩けば、先頭がきちんと歩いていても、うしろの者はなんとなくついていくだけです。

 

また、先頭がだらだらと歩けば、全員がだらだらと歩くことになります。

 

しかも、みんな同じものしか見えないし、同じものしか聞こえない。

 

ひとりひとりがバラバラになって、思い思いのコースを歩いてみる。それが散歩です。

 

なぜ、こういうことをブログに書くというかと言うと、高校進学のことをイメージしているからです。

 

高校生になれば、今のクリロの人たちとは、違う道に進みます。

 

みんな、思い思いの高校に進むことになります。

 

いや、思ったところに進むことができないかもしれません。

 

2年生は、もう進路のことを考えていくべきです。

 

サッカーでも、学業でも、積極的にどんどんやるべきです。

 

どうすれば良いか?

 

行動を起こすのみです。

 

五感を働かせて、行動を起こすべきです。

 

散歩に例えてみると、散歩の真の狙いは、「五感を働かせる」訓練をすることです。

 

見る(視覚)、聞く(聴覚)、嗅ぐ(嗅覚)、触れる(触覚)など、かならず何かを感じるのが狙いです。

 

そうすれば、そのあとの朝食も「味覚」を感じ、自然と味わって食べるようになります。

 

吹く風や気温の変化を感じる。

 

鳥や虫の声に耳を澄ませる。

 

季節ごとの花や木々の変化を自分の目でたしかめる。

 

「五感を働かせる」ことは大切なことです。

 

毎日部屋に閉じこもってゲームばかりしたり、携帯をずっと眺めていたりしては、人間の大切な機能である五感が衰えてしまいます。

 

「きれいだな」、「いい匂いだな」、「おいしいな」、「いい音だな」、「おもしろい形だな」という五感を働かせてほしいです。

 

ひさしぶりにサッカーをやって、楽しいな!と感じたはずです。

 

それはとても良いことで、実際、みんなの動きも良くなっていたと思います。

 

サッカーだけに限らず、どんなことでも五感をもった、感情豊かな人になっていってほしいと思います。

 

また、意識的に五感を働かせていってもらいたいと思います。

 

散歩と五感の話には続きがあります。

 

しかし、

 

 

 

 

3年後ぐらいに書きます。

 

 

 

 

プスッ!って笑った人、

 

 

 

 

僕によって、五感が動かされていますよ。

 

ではまた、

 

 

 

 

3年後にお会いしましょう!

懸命な雪かき

重機を使ってAグラウンドを懸命に雪かきを行っています。

IMG_0117 (640x480).jpg

IMG_0116 (640x480).jpg

40センチは積もっています。

 

IMG_0122 (640x480).jpg

まだまだ時間が、かかりそうです。

IMG_0120 (640x480).jpg

初雪かき

こんにちは。

 

いきなりですが、

DSC03281.JPG

降りすぎです。

 

徐々に来てくれないと・・・

 

昨日はなんとか事務所まで到達し、

 DSC03282.JPG

 

今日は重機を出して道の雪かきをするところまできました。

 

DSC03278.JPG

DSC03280.JPG

DSC03279.JPG

グラウンドまでの道作りも頑張っています。

 

こんにちは。監督です。

 

年末年始と、RSウイルスにやられ体調を崩していた監督です。

 

体調管理が出来ていないと、猛省している監督です。

 

あ、猛省とは、猛烈に反省の略です。

 

使いたい人は、ご自由にどうぞ!

 

何気に流行ってくれるかな?

 

さて、最近、みんなのサッカーをみていると、もう少し「反応」できないのかな?

 

と、思います。

 

具体的に言えば、もう少し身体をうまく使えないものか?

 

と、思います。

 

現代サッカーでは、技術とか、頭を使うサッカーがフォーカスされます。

 

もちろん、それも大事で、それが備わっていることが大前提です。

 

しかし、毎年3年生を見ている中で、運動神経とか、反応とか、身体の柔軟性が気になります。

 

「十年ひと昔」という言葉がありますが、いまは1、2年もたてば、街の様子が変わり、新しい常識が生まれます。

 

サッカーも、よりスピーディーで、常に状況が変化していきます。

 

そういった変化に対応していくためには、心の「柔軟性」、すぐに反応できる「反応力」、そして力強い「行動力」が必要です。

 

しかも、すばやく!

 

例えば、新しい人や新しい仕事にめぐり会いたいと思っても、待っているだけでは何も変わらない。

 

会える確率を上げるためには、自分の足を使って探せばいい。それも、ただ動くのではなくて、「この場所に行けば会えそうだ」

 

と、予想を立てて動く!

 

そうすれば、成功率は、おのずと上がる。

 

サッカーも同じ、サッカーは常に動いている。

 

成功する確率の高いサッカーをするためには、常に先を読んで行動しなければならない。

 

言葉にすると、「反応サッカー」

 

一般的に、パスするときには、「味方をよく見て蹴りなさい」と指導します。

 

つまり、蹴るほうを指導しようとするのが通常のやり方です。

 

しかし、この方法で技術は上げるが、実際の試合では通用しないことが多い。

 

試合中は、どこにボールが飛んでくるかわからない。

 

「味方をよく見て蹴りなさい」ではなく、

 

「味方の球に反応して追いつき、正面でボールを受けなさい」というのが僕の考えです。

 

つまり、大切なのは、ボールをもっていない受けてのほうです。

 

守備しているときも、自分に真っ直ぐ飛んでくるボールなど、ほとんどありません。

 

ボールが蹴られた瞬間に判断して動く、そしてボールに追いつくことが重要です。

 

サッカーは、さまざまな状況が生まれます。

 

状況によってどこに動くべきか、どこにボールを運ぶべきかを一瞬で判断して、あらゆる方向に動ける準備をしておかなければなりません。

 

本番で大切なのは、状況状況で、成功する確率の高いプレーをすることです。

 

反応力をもつことで、成功する確率を上げていくことが、必要です。

 

今日の練習も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

☆2016年 初蹴り☆

今年も例年通り初蹴りを行うことができました。

DSC03193.JPG

毎年OBが増えていく中で、1期生がまた新たな舞台へ旅立つ年ともなりました。

 

大学進学を決めた子、就職する子、アメリカへ留学する子、プロの世界へ挑戦する子。

 

この間まで中学生だった子達が大人への道を着実に歩んでいる姿に感動しました。

IMG_0069.JPG

2期生は今年、高校でトップチームとなり選手権を目指す意気込みを持って高校サッカーに取り組んでいるのが伝わってくる顔をしていました。

IMG_0076.JPG

3期生は高校生となりより一層たくましくなっていました。写真を見せたいのですが撮り忘れました。笑

3期生、自分の写真を載せたい人は募集してます!笑

五十嵐まで宜しくです!

 

そんな中でも中学生時代と変わらず楽しそうにサッカーに取り組む姿勢を見て嬉しくなりました。

 

みんなKRILO Spiritは忘れていませんでした。

 

そんな先輩たちを見て、一緒にプレーしたKRILOの後輩たちの目は輝いていました。

DSC03206.JPG

3年生はこれから高校受験が迫っています。

 

先輩達も悩み、苦労しながらも全力で努力していました。 みんなにも出来るはずです!

残り少ない中学校生活、悔いの残らないようまっすぐ戦う勇気を持って頑張りましょう!

 

2年生は今年トップチームになります。

2月の終わりからはもうウルトラリーグもスタートします。

3年間の集大成となる今年、チーム全員、力を合わせて勝負していきましょう!

 

1年生は会長杯の決勝トーナメント、秋にはNIWANO杯があります。

さらに自分を磨き、飛躍出来る1年にしていきましょう!

 

今年もみんなのまっすぐ戦う勇気を全力でサポートしていきます!

KRILO一同、全力で戦っていきましょう!

IMG_0078.JPG

 

五十嵐

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

今年の元旦は素晴らしい快晴となり、いい年になる予感します。

暮れから、J-Wingsは一度も雪が降らず、めずらしい年となりました。

 

朝7時に初日の出を撮ろうと思い、自宅の屋上に上りましたが雲が邪魔をして見えませんでした。

 

IMG_0055 (640x480).jpg

7時半になって、やっと雲がなくなり初日の出が拝めました。

IMG_0059 (640x480).jpg

沼田から見たJ-Wings(昭和村)方面の様子です。雪が全然ありません。

IMG_0058 (640x480).jpg谷川方面は雪雲がすごい状況です。水上は雪かもしれません。

IMG_0056 (640x480).jpg明日の2日は、KRILOの初蹴りが13時-16時で行われ、3年生の保護者の皆さんが、トン汁を用意してくれます。

OBもたくさん来てくれる思います。みんなで楽しみましょう。

早いもので、1期生は今年春に高校を卒業し、次のステージに旅立ちます。

厳しいプロの道、大学、専門学校など各々の道に進みますが、KRILOの初蹴りには、これからも集まってもらえればと思います。

また、今年入団する6年生は、今のチームでサッカーをできる時間が少なくなっています。

最後まで、チームメイトと楽しんで思い出を作ってください。

 

現団員は更なるレベルアップをするべく、時間を大切にして、日々努力を続けていきましょう。」

 

すべてのKRILOファミリーの皆さんにとって、2016年がよい年になりますようお祈り申し上げます。

 

 

  • FC KRILO オフィシャルホームページトップ

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29