ニワノカップ菅平遠征で感じたこと

こんにちは。監督です。

 

菅平遠征の帰りのバスの中、事件は起こりました。

 

アクエリアスのフタがない!

 

はい、バスの中にアクエリアスをブチマケタ奴がいます。

 

ジェイウイングスに帰り、水洗いしました。

 

と、言うのも僕は、すぐにやらなくては気が済まない性格です。

 

女の子には、結構ウザがられます。

 

やかましっ!

 

「整理整頓は、人生の半分である」

 

日頃から整理整頓を心がけていれば、それが生活や仕事に規律や秩序をもたらす。

 

だから整理整頓は人生の半分と言えるくらい大切なんだ。

 

という、意味です。

 

整理整頓を面倒くさがらなければ、同時に心の中も掃除されて気分が晴れやかになるかもしれませんね。

 

もう1つ好きな言葉、

 

「変化の集大成こそ結果を生む」

 

この言葉を知っていますか?

 

スポーツにとって大切なのは、結果と考えられています。

 

しかし、結果を追い求めれば追い求めるほど、勝利という結果は逃げていってしまうという残念な法則があります。

 

それではどうしたらよいのでしょうか?

 

一流の選手になればなるほど、ただ「勝ちたい」「優勝したい」などの漠然とした結果だけを追い求めていくのではなく、

 

勝利を手にするために必要な、それにふさわしい自らの変化をいつも追い求めているのです。

 

従って、「変化を感じる能力」「変化を楽しむ能力」こそが、追い求める結果を手に入れるために必要になってくるということです。

 

つまり変化の集大成が結果につながるということを、よく理解しなければなりません。

 

たとえ勝てなかったとしても「優勝できなかった」と嘆くのではなく、優勝するためにふさわしい変化をしたのかどうか?

 

という点について、菅平での出来事を振り返ってみてください。

 

結果は勝とうが負けようが過ぎ去り、消えていってしまいますが、変化は残るのです。

 

たとえ負けても、その試合でどう変化したのか?何を学んだのか?ということを大切にしてみてください。

 

菅平でも、あまり試合に出場できなかったことや、出場してもうまくいかなかったこと、さまざまな感情があるかと思います。

 

感情的になり終わるのではなく、今後の変化はどうでしょうか?

 

今日の練習から、継続性をもって、ピュアな気持ちで変化し、たくましく成長することが、

 

かっこよく美しい選手につながると思います。

 

と、珍しく難しい文章を書きましたが、さらりと流してください。

 

5月にも3学年で遠征に行きましたが、そのときよりも快適に過ごせました。

 

それは、1年生も2年生も3年生も成長しているということだと思います。

 

今日の練習も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

 

3日間、お疲れ様でした。疲れすぎて昨晩は代表戦も観ず、夜の7時には爆睡していた、監督でした。

 

まずは、ヒゲの整理整頓から始めます。

 

やかましっ!

  • FC KRILO オフィシャルホームページトップ

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31