2015年4月アーカイブ

こんにちは。監督です。

 

新学期が始まりましたが、どう過ごしていますか?

 

新たな環境や、新たな目標、継続する力、自分の置かれている位置等、見失わず真っ直ぐに進んでいってほしいと思います。

 

先日、1期生のゴールキーパーで、京都サンガユースに所属する外山佳大(高3)がプレミアリーグの開幕戦に出場したそうです。

 

正月の初蹴りに会ったときは、体の大きさと関西弁にビックリしたと同時に、この1年間に臨む不安と期待が表情に表れていました。

 

開幕スタメンを勝ち取ったということは、その後の努力は想像以上だったものと思います。(やったね)

 

また、1期生と共に活動していたOBの中には、大学を進学を決めて報告してくれた子もいます。(おめでとう)

 

とても素晴らしいことで嬉しくなりました。

 

素晴らしいことと言えば、

 

「一生懸命やって勝つこと」

 

の、次に素晴らしいことは、何でしょうか?

 

「一生懸命やって負けること」

 

かもしれません。

 

勝負において1番大事なのは、相手の力を知ることです。

 

相手の力を知るために、1番良いのは、全力で戦ってみることです。

 

一生懸命やってみて負けた後、その差を埋め、さらに相手の成長も計算して自らがより強くなろうと計画し、実践しなくてはなりません。

 

これは戦いの場だけではなく、全ての分野に当てはまることだと思います。

 

ちょっと話が難しいかな?

 

アドバイスするならば、

 

目標とすべき点を知ること。

 

乗り越えるべき、伸ばすべき点を正確に知ること。

 

その目標、計画を実践して、力をつけること。

 

この3つです。

 

この3つを実践して、自分のやりたいこと、夢、志(こころざし)といったものを実現していくのだと思います。

 

勝つことだけが素晴らしいのではなく、

 

勝つために何をすべきかを知り、

 

そこに向かって全力をつくしていくことが素晴らしいことだと思います。

 

ということで、今日の練習も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

2015年 群馬県クラブユース選手権の組合せ抽選会が4/6(月)に行われました。

 

昨年のNIWANO CUPの新人戦の上位8チームがシードされ、KRILOもシードのため今回はくじを引きませんでした。

 

KRILOは、4/29に行われるFC渋川vsFC Creader Tatebayashi(FC邑楽と新規申請の館林が合併)の勝者と5/9(土)に

大胡総合グラウンドで2回戦を13:30キックオフで戦います。

 

優勝・準優勝の2チームが関東大会への出場権が得られます。

 

春休み・ゴールデンウィークの遠征で力をつけ、精一杯がんばりましょう。

 

詳しくは、添付のトーナメント表を参照ください。

 

2015年度群馬県クラブユーストーナメント表.pdf