こんにちは!


昨日は急遽、元日本代表選手の秋田豊さんがJ-wingsにお越しになり、


代表取締役社長を務めているサンクト・ジャパンのトレーニング用品の説明会を兼ねた


コンディショニングトレーニングを行っていただきました。
1.jpgのサムネール画像子供たちは初めて触るバンドに戸惑いながらも


徐々に自分の体に現れる効果に驚きを隠せずにいました!
3.jpgのサムネール画像現在では鹿島アントラーズを始めとし、ザスパクサツの選手なども愛用していて、


昨年高校サッカー選手権大会で優勝した青森山田高校や、流経大柏高校の選手なども


アップやハーフタイム、試合後のダウンなどにも取り入れて効果を実証しているそうです。
5.jpgのサムネール画像お尻や骨盤周りの筋肉を上手く使うことで力強い動きができるようになったり、


ジャンプ力の向上やスピードアップ、ケガの予防や改善にまで効果があるそうです。
7.jpgフロスバンドというゴムバンドを用いて1時間程度の軽いトレーニングもしていただきましたが、


子供たちの口からは次々と"体が軽くなった!!"という意見が出ました。
9.jpgのサムネール画像中にはオスグッドで悩んでいる選手に秋田さんが直接指導をしてくれて、


痛くなくなってしまった選手もいました!


誰よりも本人が驚いていて、あの時の純粋に驚きを隠しきれない顔はたぶん忘れないと思います。笑
13.jpgのサムネール画像 "スパイクを我慢してこのバンド買う!!"


と言っている選手や、


"今日帰って親に頼み込む!!"


と言っている選手がたくさんいて、身をもって体験した変化に目を輝かせていました。


僕も大学時代、ケガをしてしまった時、このようなゴムバンドを用いたリハビリを行ったことはありましたが、


その時には全く行わなかったトレーニングや考え方ばかりで大変勉強になりました。
14.jpgのサムネール画像さらに最後にはヘディングの極意まで伝授していただき、


とても貴重な体験をさせていただきました。


クリロの選手はヘディングがあまり上手くありませんが、


これで明日から大丈夫!!! 


...のはずです。笑


世界を経験した方の言葉には重みがあり、子供たちも真剣に聞き入っていました。


気になる方はホームページなどチェックしてみて下さい!!


 
15.jpgのサムネール画像秋田豊様、並びに関係者の皆様、お忙しい中、お越し下さり貴重な体験やお話を頂き、ありがとうございました。


五十嵐
5月18日(土)、NTT図南グラウンドにて群馬県クラブユース大会2回戦が行われました。

IMG_4250.JPGのサムネール画像
対戦相手は藤岡キッカーズでした。
IMG_4258.JPG
前回の対戦はウルトラリーグで2-2の同点でしたが、2点先制され、なんとか追いついた試合でした。

試合は藤岡キッカーズの堅い守備をなかなか崩せない難しい試合になりました。
IMG_4265.JPG
試合序盤に迎えたアーリークロスからの決定的なピンチを何とか切り抜け、

セカンドボールが段々と拾えるようになってきたところから何度かチャンスを作り出すことができました。
IMG_4269.JPG
中盤でボールを奪い、外へ展開したり、

奪ったところからスルーパスで何度かチャンスを演出しましたが、

なかなか決定機を作りだせずにいました。
IMG_4272.JPG
前半半ば、

ディフェンス同士の浮き球の処理の連携にミスが生まれ

失点。

0-1。

前半のうちに追いつくべく攻撃を展開しましたが、得点を奪うことができず、ハーフタイムへ。
IMG_4273.JPG
前半のミスの修正と後半どうやって戦うのかをしっかり全員で共有し、

後半のキックオフ。

選手を2人交代し、前線からのプレッシャーとこぼれ球を拾って攻撃の形が前半以上に出始めました。
IMG_4279.JPG
練習してきたセットプレーなどから何度かチャンスを作りましたが、
IMG_4283.JPG
鉄壁の守りを最後まで崩すことができず、

0-1で敗戦となりました。
IMG_4284.JPG
残念ながらベスト16で大会は終わってしまいましたが、

ウルトラリーグも含め、どんどん選手たちは逞しくなってきていると感じる戦いぶりでした。

また6月の後半からはリーグ戦も再開します。

夏休みが終わればすぐ高円宮杯も控えていて、

一瞬も気の抜けない戦いが続きます。

ここからさらに自分たちを磨き、チーム力を磨いていかなければいけません。

またチーム一丸となって頑張っていきましょう。

保護者の皆様も熱い応援、本当にありがとうございました。

IMG_4285.JPG


5月11日(土)、千年の森 J-wingsサッカーコートにて、クラブユース1回戦が行われました。
IMG_4119.JPGのサムネール画像

 

対戦相手は渋川FCでした。
IMG_4121.JPGのサムネール画像

 

昨年同様、ゴールデンウィークにチーム合宿を行い、様々な準備をしてきました。


天気も良く、最高のコンディションの中、1回戦を迎えることができました。


試合は前半立ち上がり5分に先制に成功、
IMG_4131.JPGのサムネール画像

 

中盤でボールを奪い、カウンターから得点することができました。


そのまま流れを掴むことができ、
IMG_4126.JPGのサムネール画像

 

左右両方からクロスなど効果的な攻撃も見られました。


中盤の選手もうまくゲームをコントロールし、


相手ボールになったときは素早い守備からボールを奪い、
IMG_4138.JPGのサムネール画像
 
 

 

相手にチャンスを作らせないようハードワークしていました。


前半のうちに追加点を奪うことができ、


失点もなく、理想的な展開でゲームを進めることができました。
IMG_4144.JPGのサムネール画像

 

ハーフタイムでは修正点を確認し、選手交代も交えながら戦いました。
 
 

 

後半は前半よりも落ち着いた試合展開になり、
 


ボールを保持し、前半同様左右から攻撃ができ、
IMG_4149.JPGのサムネール画像
 

 

追加点を奪い、
IMG_4155.JPGのサムネール画像

 

6-0で勝利し、


1回戦を突破することができました。
IMG_4159.JPGのサムネール画像

 

2回戦は5月18日(土)、


NTT図南グラウンドにて、10:30キックオフになります。


対戦相手はウルトラリーグ2位の強豪、藤岡キッカーズです。


ウルトラリーグの対戦では2-2の同点でしたが、


2点先制される苦しい戦いでした。


難しいゲームになると思いますが、チーム一丸となって勝利を目指し、頑張りたいと思います。


次の試合も熱い応援、宜しくお願い致します!
IMG_4161.JPGのサムネール画像

 


4月12日(金)よりFC KRILOサッカースクールが始ります!!

 

詳細につきましては添付案内資料を確認してください。

スクール2019.pdf

 

入会申込書を記入の上、FAXにて申込みをお願い致します。

FC KRILOサッカースクール入会申込書2019.pdf

FC KRILOサッカースクール入会申込書 2019.docx

 

さわやか3組。

こんにちは。監督です。

パンケーキ食べたいパンケーキ食べたい、でおなじみの監督です。

先日、パンケーキを食べました。

朝からウキウキメキメキパキパキで、何も食べずに15時にパンケーキを食べました。

そしたら、なんと、



な、なんと、




な、なんと、





2口で気持ち悪くなりました。





単なるアホ!




しかも、オチ弱っ!




ひっぱったわりにオチ弱っ!




何事にもバランスが大切ですね。




さて、そんな僕ですが、春休みに向けて色々と準備してます。

遠征だったり、フェスティバルだったり、たくさん活動する中で、頭と身体で色々と準備してます。

たまに、大変じゃないですか?と聞かれます。

大変なこともあります。

でも、そういうのがもしかしたら好きなのかもしれません。

なんというか、自分の中でのリズムというか、気持ちよく活動したい!

最低限のことは、しておきたい!そんな気持ちです。




春休みはどんな感じで、生活していきますか?




さわやかに!




これです。




さわやか3組に!




やかましっ!




さんさんさん太陽のひかりぃぃぃ。




やかましっ!




さんさんさん、さわやか3組ぃぃぃ。




しつこいっ!!




春休みは、「さわやかに」と思っています。




さわやかであること、明るいこと、元気であること。



これです。

僕自身ですら、つねに元気でいることはなかなか大変なことで、それは体力的なものだけではなく、メンタルもあって、

自分にある目標、自分に課せられた役割をしっかりとこなすことができるかどうかが関係します。

こなせれば元気になれるし、次への活力になります。

僕が子ども達の立場なら、例えば宿題をやっていなければ、学校に行くときに元気になれないということです。
服装がだらしないこともそうです。だらしない服装で学校に行くと、先生に怒られるかもしれない。そうすると、さわやかになりようがない。

だから、さわやかに過ごすこと、明るく元気に生活できることの裏には、


「やるべきことを、しっかりとこなしている」という前提があります。


それは、勉強やサッカーに限らず、様々な体験についても同様です。


だからこそ、子ども達には、様々な体験に積極的に取り組んでほしいと思っています。


失敗を恐れずに積極的に取り組んでいくなかで、その人の元気というものは保証されていきます。
逆に何もないとつまらないし、つまらないと暗くなっていく。楽しいというのはおもしろいだけではないので、
楽しい春休み生活を送ることによってそれが実現できます。


少々、難しくなってきてしまいました。


要するに、





パンケーキを食べる前には、空きっ腹ではダメだということです。






だから、オチ弱っ!!!


春休みを素晴らしいものにする為に、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

3月9日(土)、ベラ・ヴィータにて卒団式が行われました。

IMG_E3212[1].JPG

 IMG_3046.JPG

今年度もたくさんの来賓の方をはじめ、小学生の時にお世話になった指導者の方々、

これからお世話になる高校の先生にもご出席頂き、盛大に執り行うことができました。

 IMG_3211[1].PNG

今年からザスパクサツ群馬に移籍した、1期生の田中稔也くんからの卒団祝いのビデオレターも頂きました。

憧れの先輩からのメッセージに卒団生だけでなく、1、2年生も目を輝かせて聞いていました。

 

次の日に行われたウルトラーリーグで得点した選手がパフォーマンスを真似していたくらい影響力がありました。笑

 

今年は2年生、萩原叶太くんのお父さんが味のある司会をしてくださいました。

ありがとうございました。

 

7期生は本当に悔しい思いの多かった学年でした。

 

1年生のKリーグでは得失点差1に泣き、

IMG_1563[1].JPG

2年生では新人戦決勝戦で惜しくも優勝を逃し、

 IMG_5239[1].JPG

3年生では実力を発揮できず、目標の関東大会に手が届きませんでした。

 

ただ、3年間本当にひたむきにサッカーに取り組み、めきめきと力をつけた学年でもありました。

 

1年生の頃には負けてしまうことも多かったですが、2年生になり段々と上達し、

 

3年生になると堂々とした戦いができる立派な選手に成長していました。

 

負けず嫌いが多く、負けた試合の帰りのバスは悔しすぎて一言もしゃべらず帰ってくるなんてことがしょっちゅうありました。笑

 

そして次の週の練習はものすごい熱量で練習に取り組み、チームとしても個人としてもすごく成長しました。

 

ウルトラリーグは3位という結果を残し、次の代に勢いよく繋いでくれました。

 IMG_0780[1].JPG

おかげで今2年生は開幕から3連勝し、先輩たちに負けず頑張っています!

 

3年生からの卒団記念品は横断幕、

 IMG_2995.JPG

「美しく勝て!」

 

でした。

 

去年の「正々堂々!」と合わせて僕の好きな言葉です。

 

高校でも正々堂々、美しく戦ってほしいと思います。

 

2年生から卒団記念品のペナントが送られ、1人1人から感謝の言葉を聞き、後輩たちに夢を託す言葉が多く、本当に感動しました。

 IMG_2998.JPG

今年は初めてバスの運転手じゃないコメントが聞けて、個人的にすごく嬉しかったです。笑

IMG_3003.JPG IMG_3028[1].JPG

監督からは環境を整えることの大切さ、これからの皆への期待など力強い言葉が卒団生に送られました。

IMG_3035.JPG 

僕はいろいろと何を話そうか悩みすぎて、壇上に上がって3年生の顔をみた瞬間、頭が真っ白になってしまい、上手く言葉を伝えることができませんでした。

一生後悔して生きていくと思います。笑

 

キャプテン深津葵生君のお父さんからも卒団生だけでなく、団員の選手への温かいエールも頂きました。

 IMG_3048.JPG

選手、スタッフ一同、身の引き締まる思いでした。

 

そして最後の円陣。

 IMG_3040.JPG

お前ら、かっこよかったぞ!

 

7期生の皆、卒団おめでとう!

 

 

五十嵐

 

甘えん坊。

こんにちは。監督です。

志しは高く、愛情は深く、友情は等しく!でおなじみの監督です。

みなさん、ご一緒に、





やかましっ!!!





さて、そんな僕ですが、先日、自分の子どもである双子の習い事に行ってきました。

自分の子に何かさせたいな。とは思ってましたが、僕に似て甘えん坊なので、全く習い事には興味がありませんでした。

ん?

甘えん坊?

お前いくつ?

35歳だろ?

そのクセに甘えん坊?





はい、甘えん坊です!




甘いもの好きな、甘えん坊です。




1番好きな甘いものは、




ホットケーキです。





やかましっっっ!!!!!





話を戻します。

んで、初めての習い事はというと、

トランポリン教室です。

クリロOBのお母さんが渋川で、教室を開いていて、体験させていただきました。




緊張した面持ちで行きましたが、教室が始まると、笑顔いっぱいで楽しい時間を過ごせました。

僕はというと、指導に興味津々シャンシャン。


ん?

シャンシャンはパンダ。

上野動物園のパンダ。

パンダ焼きも食べたい。





やかましっっっ!!!




気をつけてはいるのですが、ついつい職業柄、指導の言葉がけや、安全性、雰囲気などに興味がいってしまいます。

申し訳ありません。




とても楽しくトランポリンを教えていただき、素晴らしい時間を過ごさせていただき、娘は帰りたくないと泣いてしまいました。

僕も、泣いてしまいました。



ん?

泣いた?

お前いくつ?

35歳だろ?

少しシャクレてるだろ?




おい、やめろ!

シャクレは関係ない!




さて、そんな僕ですが、クリロでの活動を終わった後には必ず、スイッチを切り替える作業を行っています。

うまくいっているときは、誰でも気持ちよく次の活動に臨めるものです。

大事なのは、勝っても負けても試合の後にどんな行動を取るかです。

切り替えという言葉がありますが、反省のない切り替えには意味がありません。

しっかりと反省したうえで、その試合における、成果と課題を振り返って次に向かう。それが僕の考え方です。

「逆境に立たされたときにどう振る舞うか」

これはサッカーに限らず、一般的にもよく言われることです。逆境にこそ人間の本性が表れる。

僕自身も、生きてきた中で色々と失敗をしてきました。

しかし、サッカーに関して言えば、逆境で追いつめられて大きな失敗をしてしまった、ということはあまり思い当たりません。

家族や近い人にそういう行動を見せてしまったことはあるかもしれません。

でも基本的にはそういった状況を客観的に観られるタイプの人間だと思っています。

だから、僕は逆境が嫌いではありません。自分や周囲が苦しい状況に置かれたときでも、普段の自分を出せるか。

そこで踏ん張りが利く自分でいられるか。

それはサッカーの指導者としてというより、ひとりの人間として生きていくうえでのテーマとしてもっているものです。

難しい状況の時に、ここでバタバタしてしまうのがお前なのか、それとも今までやってきたことをやり続けられるのがお前なのか、

ピンチのときほど冷静に、前向きに、力強く進んでそれを打開できるメンタルと行動力を持て!

そうやって、試練を乗り越えられるのが自分なのだ。そう自分に言い聞かせながら、苦しい状況を乗り越えてきました。




あれ?少し監督、興奮気味じゃない?

そう思ったら、




甘いものをください。




やかましっっっ!!!




今週も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

パプリカ。

パプリカ 花が咲いたら

晴れた空に種を蒔こう

ハレルヤ 夢を描いたなら

心遊ばせあなたにとどけ

こんにちは。監督です。

最近、この歌が、耳から頭から全身から、離れない監督です。

いまカラオケに行ったら、この歌を2万回ぐらい歌う監督です。

さて、そんな僕ですが、先日、三十槌の氷柱を見ました。


え?


インスタ映え狙って?


おつかれちゃゃゃあん!


それは、インスタントジョンソン!!!


秩父にある、三峯神社に行くのに、三十槌の氷柱にも寄りました。

迫力ある氷柱に圧倒されました。


え?


感想それだけ?


おつかれちゃゃゃあん!


インスタントジョンソン!!!


正確には、


インスタントジョンソンの、ゆうぞうのギャグ!!!


多分、お笑い好きなお父さんぐらいにしか、ウケてない。


さてさて、今年ももう2月になりました。

明日はバレンタインデーです。

僕はもうすでに、1個もらいました。(自慢)


3月になれば、リーグ戦が開幕になります。

もう高校生は、新人戦があって、クリロOBからも様々な連絡をもらいました。

メンバーに選ばれましたとか、決勝まで行ったんですけど負けちゃいましたとか、

これからまた頑張りますとか、連絡くれて嬉しい限りです。


サッカーは不思議なスポーツで、いい流れでプレーできているときは、自然と選手たちのアイデアは一致していくものです。

しかし、流れが悪くなったり、逆境に立たされたりしたときに、それぞれが挽回しようと必死に頑張っていても、
実は全体でみるとバラバラになってしまっている、ということが起こります。

結局、それでは能力は発揮できないし、相手に隙を与えることになってしまいます。

では、そういうときにどうするか。

もう1度いい形でプレーできるように、「基本に立ち返る」

そのためのスタートラインを、準備しときたいです。

自分たちに流れがきている時間帯、相手に流れがいっている時間帯、
どちらにも流れがこない膠着した時間帯やボールが落ち着かない時間帯など存在します。

特に、相手に流れがある時間帯を耐え抜いて、もう1度流れを引き寄せるために、「立ち返る場所」を作ってあげたい。

そう思います。


土曜日、日曜日の試合など、うまくいかなかったな。

というときに、平日の練習が大事になります。

特別なことはしません。

普段と同じトレーニングを淡々とこなす。

しっかりイメージした中で、普段通り、淡々とこなす。

良い時もあれば、悪い時もある。

今日のトレーニングも、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

身体作り。

こんにちは。監督です。

新年のご挨拶が遅くなりました。

今年も宜しくお願い致します。

さて、年末から年始にかけて、3年生は猛烈に勉強したと思います。

現在も継続して勉強していると思います。

勉強するということは大切なことですが、感性を磨くことも大切です。

息抜きにサッカーしましょう。

私立、第一希望で受かった人、おめでとうございます。

高校生になる実感は、まだ湧かないと思います。

今自分が感じているサッカーよりも、広く感性をもてるよう、楽しくサッカーしましょう。


ん?


あれ?


2019年、ブログの書き方変わった?


僕も今年で36歳になります。

そろそろ真面目になります。

話を戻します。


戻すんかい!!


最近、感じていることは、中学サッカーの枠内(または高校サッカー)だけで物事を考えるな!

これです。

今年は、これです。


ん?


難しいよ。


よくわからないよ。


さて、話は変わります。


変わるんかい!!


クリスマスから年末年始にかけて、たくさん試合をしました。

ものすごくエキサイティングな試合ができたときもあれば、難しい試合になったこともありました。

感情的に良くないなという日もあれば、戦術的に良い局面もありました。

その中で、1つ感じたことがありました。


相手の力を利用することはできないのかな?ということです。


具体的に言えば、


身体の操作性です。


もう少し簡単に言えば、フィジカルです。

日本では、身体のサイズが大きいということを、フィジカルが強いというように表現します。

しかし、フィジカルとは強さだけを表す言葉ではなく、しなやかさやスピードも含まれるものです。

日本のフィジカルとテクニカルを対極に置く考え方や、身体が大きい選手を単純に、フィジカルが強いと表現する風土は、改めるべきだと思います。

では、フィジカルコンタクトとは、どのようなものなのでしょうか?

サッカーの場合、コンタクトの目的は、ボールをいかに保持し、プレーエリアを確保するかです。

本来、ボールコンタクトでイーブンな状況はありません。

必ず良いポジションと悪いポジションがあります。

相手のプレーエリアを奪うために自分から強くコンタクトするのか、あるいは自分が優位なポジションならば相手のコンタクトをどう利用するのか。そこをうまく感じて、相手の力をもらってプレーするのです。

自分が良いポジションにいるのであれば、相手が強く当たってくるのですから、そのエネルギーをうまくもらえれば局面を打開できます。

高校サッカーでも激しく身体をぶつけ合うのですが、それを激しさととらえてしまうと、サッカーの本質からずれてしまう。

そういうときに上半身が巧みに使えれば、それだけでうまく自分の行きたい方向に向かえます。

そこもほんの少し、人を感じる感覚、自分のプレーエリア確保のためにコンタクトするという考えがあれば、だいぶ違ってくるでしょう。

クリロの子たちを見ていると、身体の入れ方など、まだまだ洗練されていないと感じます。

ボールコントロールをミスした後に、いかに自分のプレーエリアを確保するかと工夫が必要です。

瞬間的なコンタクトスキルが向上することで、プレー強度は高くなると思います。


さて、そろそろ文章を読んでいて、疲れてきたと思います。

ここらへんでやめておきます。

週末も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。
2019年 あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話様になりました。

本年もご指導・ご協力賜りますようお願い申し上げます。

2018.12.30(日)にJ-Wingsにて行われた恒例のKRILO蹴り納めの様子をアップいたしました。

暮れの忙しい中、自由参加で多くの子供たちが参加してくれました。

毎年、同窓会みたいに、子供たちも親御様も楽しみにしているようです。



今年も雪が5センチほど積り、スタッフと子供たちによるピッチの雪かきからスタートです。
J-Wingsならではの光景です。冬に雪が降るのが当たり前です。みんな驚きません。

K001 (640x480).jpg

約2時間ほどで雪かき終了です。

午前11時に1期生(大学3年生)から9期生(中学1年生)に全員集合して監督の挨拶から始まりました。
K002 (640x480).jpg

いよいよ11時15分から、同期同士でチームを作り、1-9期生総当りで少年コートでゲーム開始です。
K003 (640x480).jpg
K004 (640x480).jpg

横殴りの雪をものともせず、楽しんでプレーをしていました。

K005 (640x480).jpg


毎年、恒例で中学3年生の保護者様が暖かい『豚汁』を200人分用意してくれました。
朝から準備して頂き感謝・感謝です。

来年は、現2年生の保護者にお願いいたします。あつかましいお願いで申し訳ありません。

毎年人数が増えていくので量を作るのが大変です。野菜などの食材も皆さんで持ち寄ってくれました。

ありがとうございました。

K006 (640x480).jpg

雪の中、体の芯から温まります。

K008 (640x480).jpg

K007 (640x480).jpg

J-Wingsに来られた保護者の分まで沢山用意頂きありがとうございました。

蹴り納めは15時半くらいまで続き、最後に全員で集合写真を撮りました。

0期生 (640x480).jpg

その後1期生から順に各年代ごとに集合写真を撮りました。
去年、人数が少なかった学年は、みんなに呼びかけ昨年より多く集めたみたいです。

各学年毎に参加人数を密かに競争している感じです(笑)

まずは1期生からです。全員で15名しか、いないのに毎年かなりの出席率です。
この春には大学4年生になります。もうすでに、みんな大人です。

鹿島アントラーズからザスパクサツ群馬に移籍した田中君頑張ってください。
1期生(大3) (640x480).jpg

次は2期生です。唯一関東大会出場した年代です。ちょっと集まりが悪いぞ。来年期待してます。
2期生(大2) (640x480).jpg
そして3期生、今年から大学2年生になります。来年はもっと参加呼びかけてね。
3期生(大1) (640x480).jpg
次は4期生です。この3月には高校を卒業します。サッカー続けて下さい。進路が決まっているのか、今回はかなりの出席率です。
4期生(高3) (640x480).jpg

今度は5期生です。今年は高校最後の年です。期待しています。
5期生(高2) (640x480).jpg
6期生です。今年は高校2年目、レギュラーを掴んでください。
6期生(高1) (640x480).jpg

次から現役団員です。
まずは3年生 受験頑張ってください。何人か勉強のため参加していません。卒団式は3月9日ですよ。
7期生(3年) (640x480).jpg
次は2年生 ウルトラリーグが始まります。頼むよ。裸で気合が入っているね。風邪引くなよ。
8期生(2年) (640x480).jpg
ラストは1年生です。今年の3月で1年経ちますが先輩と比べると、まだまだ幼いね。
大会パンフレット用の写真も兼ねて、この寒い中ユニフォーム姿です。ご苦労様。
プロの田中君と試合してどうでしたか?
9期生(1年) (640x480).jpg

また来年、元気で12月30日に会いましょう。
寒い中、参加してくれてありがとうございました。


  • FC KRILO オフィシャルホームページトップ

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別 アーカイブ